NEW

JRAフローラS、マイラーズC、福島牝馬S「あるぞ」3重賞ジャック! 近年注目「爆買い」オーナーの“モチベーション”やいかに!?

JRAフローラS、マイラーズC、福島牝馬S「あるぞ」3重賞ジャック! 近年注目「爆買い」オーナーのモチベーションやいかに!?の画像1

「ダービーを獲りたいという夢があるから、楽しい馬主ライフを送れています」

 2019年8月14日に掲載された『スポニチ』のインタビュー記事で馬主としての夢を語ったのは、「ホウオウ」の冠名で知られる小笹芳央氏だ。

 2歳下の弟、小笹公也氏の「テーオー」冠名を引き合いに出し「帝王に対抗するなら、法王がええなぁと思って」と、同記事で冠名の由来も明かしていた(ホウオウは芳央氏の名前の音読みでもある)。
 
 芳央氏は、早稲田大学からリクルートに入社したエリートで、2000年に株式会社リンクアンドモチベーションを設立。「モチベーション」に着目した組織変革のコンサルティングを手掛けてきた。現在は複数のグループ会社を束ねる代表取締役会長を務めている。

 そんな芳央氏に限らず、馬主業の“モチベーション”の大きな1つが「ダービー制覇」である。近年、芳央氏もセレクトセールなどで大いに存在感を発揮している。

 

対照的な「ホウオウ」「テーオー」兄弟

 

「馬主歴約20年を誇る弟の公也氏に対して、兄の芳央氏は8年目。まだ新鋭オーナーの部類に入ると思いますが、昨年のセレクトセールではキズナ産駒を4億円以上の高値で競り落とすなど、“爆買いオーナー”としても注目度は高まっています。

弟の方は日高生産のダート血統馬が中心。セールでも5000万円以上の馬を購入したのは過去1頭だけという手堅いオーナーです。それでも昨年は、所有馬のテーオーケインズが帝王賞(G1)とチャンピオンズC(G1)を制覇。先輩オーナーとして面目を保ちました。

一方、兄は1億円以上で購入した馬がすでに10頭を超えています。一足先にG1を制した弟に負けじと、デビュー前の良血馬もすでに大挙スタンバイしている状態ですよ」(競馬誌ライター)

 そんな芳央氏は、今週末に開催される3重賞すべてに所有馬を送り込む。

 まず土曜福島のメイン・福島牝馬S(G3)には、前走3勝クラスのスピカSを勝ったホウオウエミーズ(牝5歳、美浦・池上昌和厩舎)が登場する。これまで重賞にも3度挑戦しているが、最高着順は昨年6月マーメイドS(G3)の5着と、重賞の高い壁が立ちはだかる。

 それでも丸田恭介騎手とコンビを組むようになってから成績は安定。これまで崩れたレースは出遅れなどで、後方からの競馬を強いられたときがほとんどだ。課題のスタートを決めて、先行策を取ることができれば、今年の高松宮記念(G1)を勝った鞍上の手腕に期待できる。

JRAフローラS、マイラーズC、福島牝馬S「あるぞ」3重賞ジャック! 近年注目「爆買い」オーナーの“モチベーション”やいかに!?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?