NEW

JRA初年度産駒ジオグリフの皐月賞(G1)制覇だけじゃない。新種牡馬ドレフォンと「サンデーサイレンス」の意外な共通点とは

【この記事のキーワード】, ,
JRA初年度産駒ジオグリフの皐月賞(G1)制覇だけじゃない。新種牡馬ドレフォンと「サンデーサイレンス」の意外な共通点とはの画像1
ジオグリフ

 17日、中山競馬場で行われた牡馬クラシック第1戦・皐月賞(G1)は5番人気のジオグリフが勝利。ジオグリフの父、ドレフォンにとっても嬉しい初年度産駒でのG1初制覇となった。

 6月の産駒デビュー以来順調に勝利を積み重ね、2021年の2歳リーディングでは新種牡馬としては最高の5位に食い込んだドレフォン。翌年にクラシックホースまで輩出する活躍ぶりには、かつて日本競馬に革命を起こした大種牡馬・サンデーサイレンスを彷彿とさせる勢いがある。

 実はドレフォンとサンデーサイレンスには、偶然とは言い難い複数の共通点が存在する。

 

伝説の大種牡馬サンデーサイレンス

 

 まず、日本に輸入された経緯が酷似している。サンデーサイレンスは米国クラシック2冠、ブリーダーズCクラシック(G1)を含むG1・6勝の成績を残したが、血統的な評価が低く現地ではほぼ種牡馬としての需要が無かった。そこに社台グループの祖である吉田善哉氏が目をつけ、約16億5000万円で買い付けて日本に持ち込んだ。

 ドレフォンは現役時代、米国でブリーダーズCスプリント(G1)を含むG1・3勝の成績を残したが、父のジオポンティの産駒に活躍馬が少ないことから、現地では種牡馬としての需要が低かった。そこを、当馬のスピード能力の高さに目をつけた社台グループが買い取り、日本で繋養されることとなった。「米国での血統的価値が低かった」ことと、「社台グループが買い付けた」点で2頭は共通している。

 また、初年度産駒の活躍ぶりも類似している。サンデーサイレンスは初年度産駒のプライムステージが札幌3歳S(G3)で産駒重賞初勝利。一方でドレフォンも同じく札幌2歳S(G3)でジオグリフが産駒重賞初制覇を遂げている。

 サンデーサイレンスの初年度産駒は、フジキセキが朝日杯3歳S(G1)を制するなど、3歳(現2歳)時から活躍を見せていたが、一方で早熟説も囁かれていた。

 しかし、春を迎えるとジェニュインが皐月賞を制して産駒初のクラシック制覇。更にダンスパートナーがオークス(G1)を、タヤスツヨシが日本ダービー(G1)を制し、当年のクラシックで5戦3勝の成績を残した。

 ドレフォン産駒もデビュー当初から活躍をみせるも、「洋芝でしか走らない」「米国由来の早熟傾向」といった疑念の声が上がっていた。

 しかし、年が明けてからも産駒の成績は良好。1月から先週末までで産駒は27勝、牝馬の単勝回収率に至っては113%という数字を残している。初年度産駒が皐月賞を制した点も、サンデーサイレンスと同様である。

 ディープインパクト、キングカメハメハの2大巨頭が相次いで姿を消した昨今、日本の種牡馬の勢力図は混沌としている。

 キズナ、エピファネイアやロードカナロアといった新世代の種牡馬たちが台頭し、覇権争いを繰り広げているが「群雄割拠」の状態が続いている。ならば、かつてのサンデーサイレンスのように、米国から来訪したドレフォンが現状に風穴を開け、日本競馬界の血統図を塗り替える日が来るかもしれない。

 輸入された経緯や初年度産駒の活躍など、類似した点が複数あるサンデーサイレンスとドレフォン。サンデーサイレンスの産駒は初年度以降も活躍し、13年連続でリーディングサイヤーを獲得。スペシャルウィーク、ディープインパクトなど、数々の歴史的名馬を輩出した。

 果たしてドレフォンは、サンデーサイレンスのような、日本競馬界を席巻する「超大物」種牡馬となれるのか。産駒の今後の活躍に注目したい。

(文=エビせんべい佐藤)

<著者プロフィール>

 98年生まれの現役大学院生。競馬好きの父の影響を受け、幼いころから某有名血統予想家の本を読んで育った。幸か不幸か、進学先の近くに競馬場があり、勉強そっちのけで競馬に没頭。当然のごとく留年した。現在は心を入れ替え、勉強も競馬も全力投球。いつの日か馬を買うのが夢。

JRA初年度産駒ジオグリフの皐月賞(G1)制覇だけじゃない。新種牡馬ドレフォンと「サンデーサイレンス」の意外な共通点とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?