NEW

JRA【マイラーズC(G2)予想】実績トップのカラテは「陣営弱気」で切り! 人気の盲点になっている実績馬を狙い撃ち!

JRA【マイラーズC(G2)予想】実績トップのカラテは「陣営弱気」で切り! 人気の盲点になっている実績馬を狙い撃ち!の画像1

 今回は安田記念(G1)に向けた前哨戦マイラーズC(G2)を予想していく。

 先週だが、まずアーリントンC(G3)は2着、3着は見立て通りに来てくれたが、1着がまさかのダノンスコーピオン。ごく個人的な印象ではあるが、もう終わった馬だと思っていたので、ここで復活するか? というのが正直なところ。NHKマイルC(G1)へ駒を進めるらしいが、本番では取捨に困るかも知れない。

 皐月賞(G1)は1着のジオグリフに「◎」を打っていたので、してやったりというところ。ドウデュースも勝ち負けまではなかったというところで満足なのだが、問題は2着のイクイノックス。アーリントンCでも2歳G2からの休み明けでキングエルメスが馬券になったので、このパターンも今後増える可能性がある。要注意といったところか。

 では予想に戻ろう。

 いつものように過去10年馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていく。
東京新聞杯 6頭
中山記念、洛陽S(L、OP) 各3頭
阪神C、阪急杯、京都金杯、六甲S(L、OP)、海外遠征 各2頭
マイルCS、スワンS、金鯱賞、オーシャンS、中日新聞杯、ダービー卿CT 各1頭
リステッド 1頭
オープン特別 1頭
となっている。コースは違うがマイル重賞である東京新聞杯(G3)からの転戦馬が多いのは、マイル重賞で適度な間隔を空けて使えるということなのだろう。ダービー卿CT(G3)では間隔が詰まりすぎるわけだ。あとは全体にいろいろな転戦過程で来ているので、傾向らしいものはない。

 続いて人気順の成績を見てみよう。
1番人気 2-2-2-4
2番人気 2-1-2-5
3番人気 3-1-1-5
4~6番人気 2-4-1-23
7~9番人気 1-2-3-24
10番人気以下 0-0-1-55
となっている。上位人気が不甲斐ないと言えば不甲斐ないが、その分極端な人気薄でなければ万遍なく人気順関係なく馬券に絡んでいる印象。これは人気に左右されず、実績重視で検討していくのが正解なのだろう。


 これを踏まえて「◎」は人気どころだが12番エアロロノアとする。

 前走は六甲S(L)。中団よりやや後ろでレースを進め、直線に入って横一線の叩き合いを制して勝利した。

 昨年のこのレースで1番人気に推されていたが、人気を裏切る5着に敗れている。その後も2戦で掲示板に載るか載らないかというようなレースが続いたが、3走前のリゲルS(L)で勝利。続く京都金杯(G3)ではやはり人気を背負って敗れているが、前走で巻き返しに成功した格好だ。

 阪神のマイル戦は4戦3勝と得意なようで、負けたのは上述した昨年のこのレースだけ。得意なコースを連続して走るだけに、昨年の雪辱を果たす可能性は高いと見て本命に抜擢した。

JRA【マイラーズC(G2)予想】実績トップのカラテは「陣営弱気」で切り! 人気の盲点になっている実績馬を狙い撃ち!の画像2
レッドベルオーブ 撮影:Ruriko.I

 続く「○」は5番レッドベルオーブを挙げる。

 こちらも前走は六甲Sで、3番手から競馬を進めるものの直線で伸びず7着に敗れている。

 この馬はクラシックを嘱望されていた馬で、2歳時にはデイリー杯2歳S(G2)を制しているほか、朝日杯FS(G1)でも3着に好走したほどの実力がある。皐月賞(G1)に敗れたあと、骨折が判明して前走が11カ月ぶりの実戦だった。

 その前走は成長分もあろうがプラス14kgと太め残りだったのは確実。阪神のマイル戦は上記の2重賞で好走するなど相性も良く、叩き2戦目のここで勝ち負けしてもおかしくはない。

JRA【マイラーズC(G2)予想】実績トップのカラテは「陣営弱気」で切り! 人気の盲点になっている実績馬を狙い撃ち!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?