NEW

JRAマイラーズC(G2)「2戦連続レコード勝ち」の大器が岩田望来と新コンビ! ハイレベル現4歳マイル戦線の「元・エース」が復活を期す!

【この記事のキーワード】, ,
JRAマイラーズC(G2)「2戦連続レコード勝ち」の大器が岩田望来と新コンビ! ハイレベル現4歳マイル戦線の「元・エース」が復活を期す!の画像1
レッドベルオーブ 撮影:Ruriko.I

 かつての「世代のエース」は、輝きを取り戻せるか。

 24日(日)、阪神競馬場で行われるマイラーズC(G2)。春のマイル王決定戦・安田記念(G1)を見据えて、今年も好メンバーが集結した。その中に1頭、かつて重賞を制した仁川の舞台で復活を期す馬がいる。

 その馬はレッドベルオーブ(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)である。

 2歳時は未勝利戦、デイリー杯2歳S(G2)を2戦連続レコード勝ち。この2戦のパフォーマンスが評価され、続く朝日杯FS(G1)では「世代のエース」として単勝1番人気の支持を受ける。結果はグレナディアガーズ、ステラヴェローチェの3着に敗れたが、評価に恥じない走りを見せた。

 ここまではマイル戦に絞ってレースを使われてきたが、春は皐月賞(G1)への直行を選択。しかしこの選択がレッドベルオーブにとって重大な転機となる。レースでは4角で2番手の位置につけるも、距離延長が響いたか、直線では伸びを欠き8着という結果に。その後はマイル路線への転戦に期待が寄せられたが、レース後に骨折が判明。3歳シーズンを棒に振ることとなった。

 その後、レッドベルオーブは約1年の長期休養を経て、今年3月の六甲S(L)で復帰を果たす。7着に敗れはしたが、ブランクの影響に加えて、前が総崩れの展開に苦しんだことを考えれば結果はまずまず。今回は一度叩いたことで、調子も上向いているはずだ。

 現4歳世代、その中でもマイル戦線に挑む馬たちは軒並みハイレベル。昨年はシュネルマイスター、ソングラインなどが古馬を凌ぐ活躍をみせ、秋のマイルCS(G1)でも掲示板5頭中3頭をこの世代の馬が占めた。2歳時の話とはいえ、この世代で最も期待を受ける馬であったレッドベルオーブにも、古馬重賞で戦えるポテンシャルはあるはずだ。

 

レッドベルオーブとホウオウアマゾンには、過去に因縁が

 

 今回は同じ世代のホウオウアマゾンも出走。秋はマイルCSで5着、阪神C(G2)で2着と充実した成績を残し、今回は人気の一角に推されている。

 実はレッドベルオーブとホウオウアマゾンには、過去に因縁が存在する。20年のデイリー杯2歳Sはレッドベルオーブが勝利したが、この時アタマ差の2着に敗れたのがホウオウアマゾンだった。

 レッドベルオーブが骨折休養を余儀なくされている間に、ホウオウアマゾンは着実にキャリアを重ね、今回は立場が逆転している状況。マイル最強世代の「元・エース」として、かつてのライバルには負けられないはずだ。

JRAマイラーズC(G2)「2戦連続レコード勝ち」の大器が岩田望来と新コンビ! ハイレベル現4歳マイル戦線の「元・エース」が復活を期す!の画像2
岩田望来騎手

 また、今回のレースでは、岩田望来騎手との新コンビを結成。

 岩田望騎手は2月に、今回と同じ阪神競馬場で行われた京都牝馬S(G3)で念願の重賞初勝利。レッドベルオーブの重賞制覇も阪神のレースであり、人馬共に仁川の舞台は良いイメージがあるはずだ。現在リーディング2位につける、今最も勢いのある若手ジョッキーと共に、重賞2勝目を狙う。

 ここで好走できれば、春のマイル王決定戦・安田記念への出走も視野に入る。そこでは新世代のマイル王として君臨する、シュネルマイスターが待ち受ける。満を持して挑むためにも、まずはマイラーズCで「完全復活」した姿を示したい。

「世代のエース」の座を取り戻すべく走る、レッドベルオーブの挑戦に目が離せない。

(文=エビせんべい佐藤)

<著者プロフィール>

 98年生まれの現役大学院生。競馬好きの父の影響を受け、幼いころから某有名血統予想家の本を読んで育った。幸か不幸か、進学先の近くに競馬場があり、勉強そっちのけで競馬に没頭。当然のごとく留年した。現在は心を入れ替え、勉強も競馬も全力投球。いつの日か馬を買うのが夢。

JRAマイラーズC(G2)「2戦連続レコード勝ち」の大器が岩田望来と新コンビ! ハイレベル現4歳マイル戦線の「元・エース」が復活を期す!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?