NEW

JRA【青葉賞(G2)展望】年間「190勝ペース」D.レーンついに襲来! 日本ダービー(G1)の切符巡り、武豊&C.ルメール&M.デムーロらと攻防

【この記事のキーワード】, ,

JRA【青葉賞(G2)展望】年間「190勝ペース」D.レーンついに襲来! 日本ダービー(G1)の切符巡り、武豊&C.ルメール&M.デムーロらと攻防の画像1

 30日、東京競馬場では日本ダービー(G1)トライアル・青葉賞(G2)が行われる。2着馬までに与えられる優先出走権をめぐって、今年も実力馬が顔をそろえそうだ。

 レヴァンジル(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)は、これが重賞初挑戦。ここまで5戦して「2-2-1-0」と、先行力を武器に堅実な走りをしてきた。

 才能の一端をうかがわせたのは、今回と同じ舞台で行われた2走前のゆりかもめ賞(1勝クラス)。好位を追走し、直線で逃げたポッドボレットをクビ差捉えて2勝目を挙げた。続くすみれS(L)はポッドボレットとの再戦。今度は逆にレヴァンジルが逃げると、2番手ポッドボレットにマークされる形となり、ゴール前でクビ差競り負けての2着に敗れた。

 また、3走前に中山で行われた3歳1勝クラスでは、後に弥生賞(G2)を勝つアスクビクターモアと接戦を演じ、クビ差の2着に健闘している。戦ってきた相手関係や同舞台で勝利経験があることを鑑みれば、ここでは最有力候補といえそうだ。

 鞍上にも注目が集まる。レヴァンジルにはこれまで4人の騎手が騎乗してきたが、今回はD.レーン騎手に乗り替わる。

 2020年7月以来、4度目の来日となるレーン騎手(2度目は19年12月に有馬記念デー限定で特例騎乗)。初来日した19年は約2か月間で38勝、前回の20年は約3か月間で41勝というハイペースで勝ち鞍を重ねた。

 JRAでの通算勝ち鞍を12か月換算ではじき出すと、年間約190勝ペースという驚異的な数字となる。約2年ぶりの日本でいきなり重賞Vを飾って好発進を切れるか。

 レーン騎手の来日を発奮材料にしたいのが、元短期免許騎手のC.ルメール騎手とM.デムーロ騎手の2人だろう。青葉賞では、それぞれ有力馬に騎乗を予定している。

 ルメール騎手は、ダノンギャラクシー(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎)とのコンビでダービーの権利獲りに挑む。

 デビューからまだ2戦とキャリアは浅いが、両レースともルメール騎手が手綱を取り、初戦2着の後、2戦目で勝ち上がった。

 2着に敗れたデビュー戦後には「まだ子供ですね」とコメントを残していたルメール騎手。3か月の間隔を空けて迎えた2戦目の未勝利戦を快勝した際は「去年から大人になりました」と、年をまたいでの成長に目を細めた。また「2400mはちょうど良かった」と、距離適性にも言及した上で、「上のクラスでもやれるでしょう」と色気たっぷり。いきなりの重賞挑戦となるが、この馬に対する期待は大きい。

 19年の当歳セレクトセールで3億1320万円(税込)という高値で落札されたのは、その血統も魅力的だったからだ。父はディープインパクト、母はベネンシアドールなので、デニムアンドルビーの全弟にあたる。姉は3歳時にフローラS(G2)とローズS(G2)の両トライアルを勝利している。“トライアル血統”が弟にも伝わっているか。

 管理する国枝師は、アーモンドアイやアパパネなど数々の名牝を育ててきたが、牡馬クラシックには縁がない。今回は、昨年サトノレイナスでオークス(G1)を捨ててまで挑んだ日本ダービーのタイトル。悲願を達成するためにも、前哨戦で負けるわけにはいかない。

JRA【青葉賞(G2)展望】年間「190勝ペース」D.レーンついに襲来! 日本ダービー(G1)の切符巡り、武豊&C.ルメール&M.デムーロらと攻防のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?