NEW

JRA【天皇賞・春(G1)展望】コントレイルの「引き立て役」から主役の座へ! 昨年2着ディープボンドに「逃げたら怖い」タイトルホルダーが挑む

【この記事のキーワード】, ,

 実績的にディープボンドとタイトルホルダーの2頭がやや抜けている今年の天皇賞・春。3番手に名前が挙がるのはテーオーロイヤル(牡4歳、栗東・岡田稲男厩舎)か。

 3歳4月に未勝利戦を勝ち、続く青葉賞(G2)は、勝ち馬と0秒1差の4着に好走。夏を充電期間に充てると、1勝クラスから怒涛の4連勝を飾って、G1舞台にやってきた。

 前走のダイヤモンドS(G3)は、逃げ馬からやや離れた4番手を追走。勝負どころで徐々に押し上げていき、4コーナーでは逃げ馬を射程圏にとらえた。直線半ばで楽々と先頭に躍り出ると、後続の追撃を寄せ付けず。ゴール前では鞍上が流す余裕を見せたほどだった。

 鞍上を務めるのは天皇賞・春は初騎乗となる菱田裕二騎手。3000m以上のレースは過去に4回しか騎乗はないが、ダイヤモンドS勝ちに加え、15年阪神大賞典はラストインパクトで3着、14年菊花賞はタガノグランパで4着と上々の成績を残している。

 テーオーロイヤルの自在性をうまく引き出せば、“2強”をまとめて負かす可能性も十分あるだろう。先行策を取るのか、後方に控えるのか、その戦法にも注目が集まる。

JRA【天皇賞・春(G1)展望】コントレイルの「引き立て役」から主役の座へ! 昨年2着ディープボンドに「逃げたら怖い」タイトルホルダーが挑むの画像3
マカオンドール

 昨年10月の兵庫特別(2勝クラス)で、テーオーロイヤルの2着に入ったマカオンドール(牡4歳、栗東・今野貞一厩舎)にもチャンスがある。

 堅実な末脚が武器のゴールドシップ産駒は、2走前に格上挑戦で臨んだ万葉S(OP)を勝利。阪神大賞典ではディープボンドに次ぐ2番人気に推されたが、0秒4差の4着に敗れた。

 それでも前走はメンバー2位の上がり時計をマークしているように、鞍上がうまく末脚を温存できれば、最後の直線で有力馬をまとめて飲み込んでもおかしくない。

 鞍上を務めるのは、ケガから復帰したばかりの松山弘平騎手。3000m以上の長距離レースは通算15回騎乗して1勝している。唯一の勝利がこのコンビで臨んだ1月の万葉Sだった。天皇賞・春はヤマカツライデンで2度挑戦したが、いずれも2桁着順に沈んだ。自ら快気祝いの勝利を挙げられるか。

 10年前に1番人気を裏切り、11着に敗れたオルフェーヴル。今年その産駒は4頭が登録している。いずれもスタミナが自慢で、侮れない存在だ。

 アイアンバローズ(牡5歳、栗東・上村洋行厩舎)は、前走・阪神大賞典でディープボンドを最後まで苦しめる2着に好走。2走前のステイヤーズS(G2)でも逃げて2着と、長距離で安定した走りを見せている。鞍上は、10年前に14番人気ビートブラックでアッと言わせた石橋脩騎手だ。

 シルヴァーソニック(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)は、近3走を含めて3000m以上のレースでは4戦すべて3着という堅実派。オルフェーヴルを管理した池江調教師は、10年前の忘れ物をその産駒で取り返したい。

 タガノディアマンテ(牡6歳、栗東・鮫島一歩厩舎)は、20年万葉Sの勝ち馬で、ステイヤーズSでも2着の好走歴がある。鞍上は前走・京都記念(G2)で初コンビを組み2着に導いた幸英明騎手が務める。

 紅一点のメロディーレーン(牝6歳、栗東・森田直行厩舎)は、現役屈指の人気を誇る340kg台の小柄な馬。菊花賞5着の実績はあるが、天皇賞・春は過去2回走ってどちらも11着に敗れている。3年連続の出走で少しでも着順を上げられるか。

 この他には、重賞で5戦して2着2回、3着2回と堅実なヒートオンビート(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)、19-20年にフィエールマンで2連覇を達成したC.ルメール騎手を鞍上に迎えるハーツイストワール(牡6歳、美浦・国枝栄厩舎)も上位をうかがう。

 武豊騎手は白毛馬のハヤヤッコ(牡6歳、美浦・国枝栄厩舎)と約3年ぶりの再コンビ。5年ぶり9度目の春の盾獲りに挑む。

 今年も昨年同様の消耗戦になるのか。最強ステイヤーを決める大一番は5月1日の15時40分に発走を迎える。

JRA【天皇賞・春(G1)展望】コントレイルの「引き立て役」から主役の座へ! 昨年2着ディープボンドに「逃げたら怖い」タイトルホルダーが挑むのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合