NEW

JRA「大スランプ」C.ルメールの切り札「第2のグランアレグリア」がクラシック絶望……安藤勝己氏が絶賛した大器も、遠ざかる本家の偉大な背中

JRA「大スランプ」C.ルメールの切り札「第2のグランアレグリア」がクラシック絶望……安藤勝己氏が絶賛した大器も、遠ざかる本家の偉大な背中の画像1
ラスール

 24日、春の開幕を告げる東京競馬場で行われたフローラS(G2)は、5番人気のエリカヴィータ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)が、2着パーソナルハイを差し切って勝利。三冠牝馬アーモンドアイを手掛けた名伯楽が今年初の重賞勝ちを飾り、オークス(G1)へ大きな弾みをつけた。

「開幕週の馬場なので好位につけたかったし、国枝先生と打ち合わせした通りのポジションで進められました。(オークス出走権の懸かる)トライアルなので積極的にいきました」

 レース後、鞍上の田辺裕信騎手も自画自賛する会心のレース。「マイルを使ってきた馬なので、スタートを上手く出られれば、いいポジションが取れると思っていた」と狙い通りの4番手から、最後は逃げた桜花賞6着馬をしっかりと捕らえた。

 その一方、同じくマイルを使われながらも不甲斐ない結果に終わったのが、2番人気のラスール(牝3歳、美浦・宮田敬介厩舎)とC.ルメール騎手だ。

 

新しいグランアレグリアと絶賛された大器が……

 

 雨が降っていたものの、良馬場で迎えた芝2000mのレース。スタートを決めたラスールだったが、エリカヴィータら好位グループを見る中団からレースを運んだのは、ルメール騎手のこの馬に対する信頼の表れだろう。

 最後の直線を迎え、残り400mを切ったところで外へ持ち出されたラスール。ルメール騎手のエスコートはほぼ完璧で、あとは自慢の末脚を爆発させるだけだと思われた。

 しかし、ルメール騎手のムチが入るものの、従来の伸びを見せられない。結局、前が止まらない開幕週の馬場コンディションもあってか、先頭集団に迫ることもないまま6着でゴールした。

「初の2000mということで、道中少し行きたがる場面がありましたが、ルメール騎手が前に馬を置いて上手くなだめていました。最後の直線で外に持ち出された時は突き抜けるかと思ったのですが、案外でしたね。

最後は後ろから来たルージュエヴァイユに差されていますし、少し距離が長いのかもしれません。本来、こんな馬ではないはずなのですが……」(競馬記者)

「新しいグランアレグリアです――」

 昨年10月のことだ。デビュー戦を単勝2.1倍の人気に応えて快勝したラスールに、ルメール騎手は、自身が主戦を務めているG1・6勝のマイル女王を引き合いに出し、最大級の賛辞を贈った。

JRA「大スランプ」C.ルメールの切り札「第2のグランアレグリア」がクラシック絶望……安藤勝己氏が絶賛した大器も、遠ざかる本家の偉大な背中のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?