NEW

JRA戸崎圭太「ドン詰まり」でオークス出走の夢散る!フローラS(G2)ルージュエヴァイユ「右往左往」の不完全燃焼

JRA戸崎圭太、痛恨の「ドン詰まり」でオークス出走の夢散る!フローラS(G2)ルージュエヴァイユ「右往左往」の不完全燃焼の画像1
戸崎圭太騎手

 24日、東京競馬場ではフローラS(G2)が行われ、5番人気エリカヴィータが優勝。3/4馬身差の2着に逃げ粘った4番人気パーソナルハイとともにオークス(G1)への切符を手にした。

 さらにハナ差の3着には、道中2番手を進んだ9番人気のシンシアウィッシュが入り、三連単は25万8710円の高配当。単勝オッズ5倍以下の1~3番人気がそろって馬券圏外に消えた波乱の結果にうなだれたファンも多かったのではないだろうか。

 人気を裏切る形となった“3強”の結果を振り返ると、1番人気に推されたルージュスティリアはまさかの最下位。好位を進んだ2番人気ラスールは直線伸びきれず、6着に終わった。そんななか、“3強”のなかで最も強い競馬をしたのは、3番人気に支持されたルージュエヴァイユ(牝3歳、美浦・黒岩陽一厩舎)だった。

 デビューから2連勝を飾り、出走した15頭中唯一の無敗馬だったルージュエヴァイユ。初戦から手綱を取る戸崎圭太騎手とのコンビで無傷3連勝での戴冠を狙った。

「初めての東京コースを不安視する声もありましたが、黒岩調教師は『直線が長いコースに替わるのはプラス』と明言していました。デビューから2戦とも後方からの競馬で差し切っていますし、広い東京ならその末脚がさらに生きると考えたファンも少なくなかったはずです。

注目されたスタートは五分で出たものの、行き脚がつかず。最初のコーナーまでに位置取りを最後方集団まで下げてしまいました。それでも道中は内ラチ沿いを走れたのは良かったと思います。上位入線馬はそろって内ラチ沿いを通った馬でしたからね。ところが、最後の直線で戸崎騎手が取った進路が勝負を分けました」(競馬誌ライター)

 インで脚を溜めたルージュエヴァイユの戸崎騎手だったが、直線で前が詰まるのを嫌ったのか、スッと5~6頭分外に持ち出した。そしてこれが結果的に裏目に出てしまう。

ルージュエヴァイユ「右往左往」の不完全燃焼

「確かに内を突くより外を通った方が不利を受ける確率は下がります。ところがルージュエヴァイユは、直線で2~3回前が壁になってしまいました。最初は残り450mあたりで加速しようとしたところで、斜め前にいたヴァンルーラーに進路をふさがれ減速。すぐにヴァンルーラーの内を突こうとしましたが、前にいたラスールが壁となり、再び外に進路を切り替えるロスがありました。

その後もなかなか前が開かず右往左往した結果、トップギアに入ったのは残り200mのハロン棒を通過したあたりでしたね」(同)

 残り200mを切ってからはルージュエヴァイユもグングン加速。あっという間に先行集団との差を詰めたが、5着に入るのが精いっぱい。結局、オークスの権利獲りは失敗に終わった

 レースを見たファンからは「行く先々で前が壁」「この負け方は悔いが残るな」など、戸崎騎手の手綱さばきに対する不満の声も多々上がった。

「レース前にフジテレビの『みんなのKEIBA』内で、井崎脩五郎さんが『(ルージュエヴァイユは)最内だし、包まれるのを嫌って(前に)行かせるんじゃないかな」というニュアンスの発言をしていましたが、まさにそうしておけば、という馬場状態と展開になりましたね。

直線も内に進路を取った馬が伸びていましたし……。結果論ですが、外に出すなら出すでもう少しスムーズな競馬をしたかったですね」(同)

 敗れはしたものの、ルージュエヴァイユは直線で手間取りながらも、メンバー最速の33秒6という上がり3ハロン時計を叩き出した。「前残りの馬場で追い込んで行っての着順。力があるところは見せてくれた」とは、戸崎騎手がレース後に語った言葉。不完全燃焼にも見えるレース内容に、このコメントをうまく消化できないファンも少なくなかったはずだ。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA戸崎圭太「ドン詰まり」でオークス出走の夢散る!フローラS(G2)ルージュエヴァイユ「右往左往」の不完全燃焼のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?