NEW

JRA「単勝1倍台キラー」にC.ルメールも戸崎圭太もお手上げ!? 変幻自在の神騎乗に映る、偉大なる名手のDNA

【この記事のキーワード】, ,

JRA「単勝1倍台キラー」にC.ルメールも戸崎圭太もお手上げ!? 変幻自在の神騎乗に映る、偉大なる名手のDNAの画像1

 単勝1倍台、それは多くの場合、レースの絶対的存在である事を意味する。跨る騎手はプレッシャーと戦い、多くの競馬ファンはその本命馬と馬券で心中する。数々の歴史的名馬達が経験してきた宿命でもある。

 しかしその一方で、絶対的な本命馬を翻弄し、鮮やかに勝ちをさらってしまう騎手も存在する。

 過去には、セイウンスカイとのコンビで皐月賞(G1)と菊花賞(G1)の2度に渡り単勝1倍台のスペシャルウィークを破るなど、これまで記憶に残る数々の名騎乗を見せてきたのが、名手・横山典弘騎手だ。

 先週末、我々はそんな名手のDNAの恐ろしさを目撃することとなった。

 

横山和生騎手による変幻自在の「大本命」狩り

 

 24日、東京競馬場で行われた全12レースは、とにかく堅い決着が予想されるレースばかりだった。単勝1倍台の支持を集めた馬が、合計7頭もいたのだ。統計上、単勝1倍台の馬の勝率は約50%前後という数値に大体落ち着くらしいが、この日は7頭中5頭が勝利と猛威を振るった。

 そんななかで敗れてしまった2頭は、8Rで単勝1.8倍に支持された戸崎圭太騎手のセラフィナイトと、9Rで単勝1.7倍に推されたC.ルメール騎手のボーデンだった。両馬とも前走の同級クラスで3着内に好走していることから人気を背負うのも当然だった。

JRA「単勝1倍台キラー」にC.ルメールも戸崎圭太もお手上げ!? 変幻自在の神騎乗に映る、偉大なる名手のDNAの画像2
横山和生騎手

 これら圧倒的な人気2頭をいずれも粉砕したのは、名手・横山典騎手を父に持つ横山和生騎手だった。

 8Rの1勝クラスでは、4番人気のココリホウオウに騎乗した同騎手。12頭立ての芝1600mで行われた一戦は、外目の10番枠から好スタートを決めると、そのままスッとハナを奪う。

 スタートから3ハロンを36秒8のスローペースに落とし込むと、断然人気のセラフィナイトを尻目に、抜群の手応えで最後の直線へ。開幕週の絶好の馬場コンディションを味方に、最後まで脚色は衰えることなく後続を完封した。

 道中は巧みなスローペースを作り出し、先頭ながらラスト3ハロンは上がり最速の33秒5の脚を使われては、完全に横山和騎手の術中にハマったと言わざるを得ない。圧倒的人気馬だろうが打つ手はなく、逃げた経験のない馬で意表をついた奇策は、どこか父である横山典騎手を彷彿とさせる、まさに神騎乗だった。

 そして、直後の9R石和特別(2勝クラス)でも勢いは止まらなかった。

JRA「単勝1倍台キラー」にC.ルメールも戸崎圭太もお手上げ!? 変幻自在の神騎乗に映る、偉大なる名手のDNAのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?