NEW

C.ルメールも川田将雅も認める大物がまたも足踏み……8戦連続1番人気も「僕が上手く乗れなかった」コントレイルに次ぐJRA史上最速記録から約1年、16年ぶりの不名誉な記録も

【この記事のキーワード】, ,
C.ルメール「僕が上手く乗れなかった」8戦連続1番人気の大器がまたも足踏み……コントレイルに次ぐJRA史上最速記録から約1年、16年ぶりの不名誉な記録もの画像1
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 24日、東京競馬場で行われた石和特別(2勝クラス)は、4番人気のドンナセレーノが勝利。一方、1番人気のボーデン(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)は2戦連続の2着という悔しい結果に終わった。

 C.ルメール騎手を背に、単勝1.7倍という圧倒的な支持を集めたボーデン。課題のスタートも決まり、東京芝1800mの大外枠を跳ね返す中団追走。4コーナーで先行集団に取りついた時、多くのファンがこの馬の勝利を想像したに違いない。

 実際に、残り200mを迎えた際は3番人気のカランドゥーラとのマッチレースに持ち込み、勢いはボーデンにあった。あとはライバルを競り落とすだけで、待望の3勝目が手に入ると思われたが、ラスト100mを切ったところでドンナセレーノが強襲……。最後はクビ差交わされて、2着でゴールした。

「レース後、ルメール騎手が『今日は僕が上手く乗れなかった』と、早めに動いたことを後悔している様子でしたが、正直そこまで悪いレース運びには見えませんでした。

今日は勝ち馬に上手く乗られましたし、3着馬には2馬身差。この内容なら、次こそ順番が回ってくると思うのですが……」(競馬記者)

JRA史上最速の6馬身差の圧勝劇

 

 記者が言葉を濁すのも無理はないかもしれない。これで通算9戦2勝となったボーデンだが、4回を数える2着はすべてクビ差以内の接戦で、本当にあと一歩のところで敗れている。それもデビュー戦で2着に敗れて以降は、すべて1番人気。今回で8戦連続の1番人気となったが、またも煮え湯を飲まされる結果となってしまった。

 一体、この馬が未だ2勝クラスに留まっているなど、当時を知るファンからすれば誰が想像できただろうか。

 昨年1月のことだ。仕切り直しの未勝利戦に挑んだボーデンは、これを6馬身差の圧勝。勝ち時計1:45.2は東京競馬場で行われた3歳戦においてJRA史上最速であり、これを超えるのは2歳秋の東京スポーツ杯2歳S(当時G3)で、後の三冠馬コントレイルが叩き出したスーパーレコードのみだった。

 そういった経緯もあり、皐月賞(G1)出走を懸けて挑んだ次走のスプリングS(G2)では、1勝馬ながら1番人気に支持されたボーデン。重馬場に苦しみ3着に敗れたものの陣営の狙い通り、皐月賞の優先出走権を掴んだことは大きな収穫だった。

 しかし、その後にフレグモーネを発症して皐月賞挑戦が白紙に……ここからボーデンの歯車がどこか狂ってしまったのかもしれない。

C.ルメールも川田将雅も認める大物がまたも足踏み……8戦連続1番人気も「僕が上手く乗れなかった」コントレイルに次ぐJRA史上最速記録から約1年、16年ぶりの不名誉な記録ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?