NEW

パチンコ店を「ドル箱で占拠」した爆裂レジェンド…その最新作が遂に始動!!

パチンコ店を「ドル箱で占拠」した爆裂レジェンド…その最新作が遂に始動!!の画像1

あの名作シリーズ最新作が始動

 パチンコ関連のニュースを見ていると、興味深い機種が検定を通過したと報じられておりました。

 そのマシンは平和の『Pルパン三世119AU1Y』。同タイトルといえば、今年2月には『Pルパン三世 2000カラットの涙』が登場しました。本機は「RUSH突入=3000発スタート」という破壊力のあるスペックが魅力です。

 初回50%の壁を越えないと悲惨な状況となる荒波マシンですが、RUSHにさえ入れてしまえば「ALL1500発×約81%継続」という強力な恩恵を手にすることができます。「終日12万発」という衝撃的な出玉データも報告され、洗練された爆発力を世に知らしめることとなりました。

 そんな屈指の激熱マシンの後継機であろう『Pルパン三世119AU1Y』。数字を見る限り甘デジ・ライト帯の遊びやすいスペックなのでしょうか。ミドルがかなり尖っているだけに、その仕上がりが非常に気になります。

 このほかにも約2000発が高ループする『Pルパン三世~復活のマモー~』など、打ち手の興味を惹くマシンが活躍中ですが…記憶を遡れば同シリーズは、CR機の時代もホールを盛り上げておりました。

思い出深いCR機といえばコレ

 その中でも人気が高く、個人的にもお気に入りだったのが『CRルパン三世~消されたルパン~ 394Ver.』。かつての『北斗の拳』シリーズを彷彿とさせる「勝てば大当り・負ければ連チャン終了」のバトルスペックとして登場しました。

 本機には、突然時短や潜伏確変といったネガティブな要素が存在。確変状態なのに現金投資が必要だったり、大当りを引いているのに時短に格下げするという今では考えられないような仕様でした。

 それにもかかわらず、なぜ多くのユーザーが夢中になって遊技していたのか。それは「ヘソ・電チュー問わず確変率が82%ある」「RUSH時に2000発近い出玉が50%で獲得できる」という強力な要素が備わっていること。そして秀逸な演出構成があったからに他なりません。

 大当り確率は1/394.8とかなり重いですが、旧MAXタイプに相応しい一撃の破壊力を秘めていました。全盛期はドル箱が空きスペース一面を占拠し、通る隙間もないほどの爆裂を披露していたホールもあったほどです。

 演出面は、重い大当り確率を感じさせないほどバランスの良さが目立ちます。「3連サーチライト」や、グルグルと回転するボタンなどの役物ギミックが打ち手を魅了しておりました。

 かつての盛況ぶりを考えれば、その後のシリーズ機は人気が下降気味となっている感じは否めません。しかし、力強いスペックで登場した『Pルパン三世 2000カラットの涙』で復活の兆しが見えているだけに、検定通過した『Pルパン三世119AU1Y』にも期待が高まります。果たしてどのようなスペックで登場するのでしょうか。続報を楽しみに待ちましょう。

(文=堀川茂吉)
<著者プロフィール>
 オグリキャップで競馬にハマり大勝負を繰り返してきた。その後は『ウルトラセブン』でパチンコの魅力に心酔し、競馬から離れパチンコ・パチスロのみを楽しむというスタイルを貫いている。ウェブ業界においてはライティング業務に従事。現在はパチMaxの編集部員として、主にパチンコ分野に関する記事作成および編集を行っている。パチスロ4号機時代など過去のエピソードも好んで作成しており、当時だからこそ起こり得た経験談を紹介中。

【注目記事】
パチンコ新台「10万発超え」報告の数々に驚愕… 一撃に特化した話題作が目白押し!
【パチスロ攻略情報】5号機ロングヒットタイトルを思わせるゲーム性を実現… 推測要素もしっかりと継承!? 
パチンコ「磁石&回転体」が最高のV入賞を演出…名機の激アツ要素を取り込んだ新台が登場!!

パチンコ店を「ドル箱で占拠」した爆裂レジェンド…その最新作が遂に始動!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合