NEW

パチンコ「確変率100%」ながらスペックは複雑!? SPリーチ発展で激アツの古き良き演出構成も魅力!!

【この記事のキーワード】,
パチンコ「確変率100%」ながらスペックは複雑!? SPリーチ発展で激アツの古き良き演出構成も魅力!!の画像1
名作パチンコのゲーム性を継承した『P平家物語RELOADED』

 いま「源平」がアツい。NHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が大きな話題を集めて、1話ごとに多くの視聴者が一喜一憂し、感情を揺さぶられている。このドラマの主役は北条義時だが、鎌倉時代といえば「源氏」。その宿敵「平家」を描いたアニメ「平家物語」もまた人気を博し、画期的だと大絶賛された。

 それにしても「平家物語」には独創性を生む何かがあるのであろうか。パチンコでも『平家物語』は異色の機種として有名である。

 この平安末期・鎌倉時代こそ、朝廷制(貴族)から幕府(武士)へと、そして西(京都)から東(鎌倉)へと権力が移行した歴史の転換期である。その意味では、この時代をモチーフにしたコンテンツには常識を覆すマインドが生まれるのかもしれない。

シンプルながら魅力が詰まったパチンコ名機

CR平家物語』は、演出全盛の時代にスーパーリーチを2種類しか搭載しない簡潔な内容で注目されたが、ただ単純なだけではなく、音と映像が見事なハーモニーを奏でる芸術的な一面を見せるなど、完成度の高い機種であった。

 その後継機となる『P平家物語RELOADED』もその意志を強固に引き継ぎ、SPリーチに発展するだけで期待度が大幅に高まるというゲーム性になっている。また、保留先読みの有無や新旧の演出を選べるなどカスタム機能も搭載し、より万全の体制が構築されている。

一方、スペック面ではミドルタイプ・確変1/2という当時の王道スペックから大幅に進化。3段階の設定付き大当り確率(1/145.6~129.8)のライトスペックで、確変は突入率100%の転落抽選方式を採用している。

 連チャンモードとなる「チャンスタイム」に突入すれば100回転の電サポを付与。ただ、従来の転落抽選とは異なり、規定回数時点で内部的に確変状態であっても電サポの延長はなされない。

 また、チャンスタイムの突入率も33%で、それ以外は潜確になるなど、確変ながら電サポが受けられない機会が多く訪れるようになっている。しかし、液晶に「SPリーチ発生大幅アップ中」と表示された場合は確変濃厚となる告知機能が働く場合もあり、一定の安心感は担保されている。

 なお、初当り時は10ラウンドのほうがチャンスタイム突入率が高い。三・七・平・家・物・語の赤図柄揃いなら期待度アップ。画面にノイズが走ればチャンスタイム突入濃厚となる。

 このように、ゲーム性的に難しい局面が多い印象もあるが、ループ率は70%前後と高水準で右打ち中の60%が10ラウンド約1100発と出玉感も充分。瞬発的にまとまった出玉を獲得できるスペックでもある。

 昔の雰囲気を感じられる『P平家物語RELOADED』は、時代の今が適合した旬なパチンコ機といえるかもしれない。

(文=大森町男)
<著者プロフィール>
 羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

【注目記事】
-新台速報-6.5号機『パチスロ鉄拳5』始動!「デビルRUSH」「平八無双」など激アツ要素が盛り沢山!!
【パチンコ新台】右打ちALL2000発×継続率72%の激アツ…話題の大物が超出玉を狙える仕様で降臨!!
パチスロ新台「初っ端から2400枚!?」の超高速AT機や、演出失敗がアツい「クロスループAT」マシンなど話題作の目白押し!

パチンコ「確変率100%」ながらスペックは複雑!? SPリーチ発展で激アツの古き良き演出構成も魅力!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合