NEW

JRA戸崎圭太「悪夢」の再現VTRがクラシックを直撃!? ドゥラドーレスに続く有力馬脱落に「被害馬」のファン呆然

【この記事のキーワード】, ,

JRA戸崎圭太「悪夢」の再現VTRがクラシックを直撃!? ドゥラドーレスに続く有力馬脱落に「被害馬」のファン呆然の画像1

 サラブレッドにとって一生に一度きりとなるクラシック。多くの競馬関係者が出走を夢見る日本ダービー(G1)をはじめ、引退後の評価にも影響する舞台でもある。

 どんなに実力のある馬でも、出走条件をクリアできなければ戴冠する資格はない。実力馬がひしめき合う頂上決戦に出走するため、各馬の関係者は最適となるローテーションの検討や賞金確保に奔走している。

 しかし、一歩間違えればそんな関係者の努力を水泡に帰してしまうのが、勝負の大一番で手綱を任せられた騎手の存在だ。これまでにも好騎乗で権利をつかみ取ることに貢献する好騎乗もあれば、パートナーの足を引っ張るミスで辿り着けなかったケースも少なくない。

 馬主、生産者、調教師が描いた青写真も騎手が期待通りに乗ってくれてこそ。力を出し切った上での敗戦なら納得できても、不完全燃焼のまま終戦ともなれば、将来を左右することもある。騎手がミスをして敗れた場合、関係者やファンが不満に思っても不思議ではないだろう。

 権利取りの懸かるレースだけでなく、重賞などでは最悪オーナーサイドから乗り替わりのリクエストが出て、別の騎手で仕切り直しとなるケースもある。

 良好な関係を続けるためには、せめて全力を尽くしたけれども力及ばずといった印象を残しておくことが求められる。負けられない一戦で騎乗依頼をされた騎手側も、勿論大きなプレッシャーが懸かることは間違いない。

JRA戸崎圭太「悪夢」の再現VTRがクラシックを直撃!? ドゥラドーレスに続く有力馬脱落に「被害馬」のファン呆然の画像2
戸崎圭太騎手

 しかし、この春に悪い方の意味で目立ってしまったのが戸崎圭太騎手だ。

 昨年、毎日杯(G3)2着からダービーに進んだグレートマジシャンと同じローテーションで挑んだドゥラドーレス(牡3、美浦・宮田敬介厩舎)だが、3着に敗れて賞金の加算に失敗。道中で内枠から後方に下げたものの、最後の直線でスムーズな進路を取ることが出来ずに、脚を余す格好でダービー出走の夢は潰えた。

 追い出しが遅れたことに対し、騎乗していた戸崎騎手は「人気に応えられず、申し訳ありませんでした」と謝罪するとともに「力はあるところは証明出来ました」と前向きなコメントを残している。

 これにより、前走のセントポーリア賞(1勝クラス)をイクイノックスが制した昨年の東京スポーツ杯2歳S(G2)やダノンベルーガが勝った共同通信杯(G3)を上回る時計で快勝していた素質馬は春全休が決定。ネットの掲示板やSNSでも戸崎騎手の騎乗を責める声も少なくなかった。

JRA戸崎圭太「悪夢」の再現VTRがクラシックを直撃!? ドゥラドーレスに続く有力馬脱落に「被害馬」のファン呆然のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合