NEW

JRAディープボンド、タイトルホルダーに水を差す天皇賞・春の「裏の顔」、過去10年で5回が万馬券決着…波乱を演出した大穴の「激走サイン」を見逃すな

【この記事のキーワード】, ,
ディープボンド、タイトルホルダーに水を差す天皇賞・春の「裏の顔」、過去10年で5回が万馬券決着…波乱を演出した大穴の「激走サイン」を見逃すなの画像1
タイトルホルダーは菊花賞馬の意地を見せられるか

 5月1日、阪神競馬場では天皇賞・春(G1)が開催される。長距離王を決める伝統のレースに今年は18頭がエントリー。長丁場で手腕を問われる騎手たちの道中の駆け引きも非常に興味深い。過去にメジロマックイーンやディープインパクトなど、レジェンド級の名馬も制した一戦で勝ち名乗りを挙げるのはどの馬だろうか。

 下馬評では早くも昨年の2着馬ディープボンドと菊花賞馬タイトルホルダーの2頭による一騎打ちムードが濃厚だが、一筋縄でいかない雰囲気を漂わせているのは、波乱が続く今年の春G1の傾向だ。

 高松宮記念から皐月賞まで行われた4週連続G1開催において、1~2番人気に推された馬は、まだ一度も勝てていない。唯一、馬券圏内に好走したのは武豊騎手とドウデュースの3着のみという有様である。

 ここまで荒れ放題ともなると、心理的にもそろそろ平穏決着が恋しくなる頃合い。そういう意味では、比較的堅い決着が続いている天皇賞・春なら予想もやりやすくなるかもしれない。

 過去10年の勝ち馬は、大本命のオルフェーヴルが惨敗して14番人気ビートブラックが大穴を開けた2012年を除けばすべて4番人気以内。今年の優勝馬も人気馬から出る可能性は高いだろう。

 その一方で、馬連や3連複の平均配当は万馬券。3連単に至っては23万円を超えていることは見逃せない。一見、堅そうに思えるレースにもかかわらず、これほどまでに配当が跳ね上がっている理由は、2着3着にノーマークの大穴が食い込み、波乱を演出したことによるものだ。

 先述したビートブラック含め、二桁人気の馬が激走したケースは5回。つまり、2回に1回は荒れているという現実が立ちはだかっていることが分かる。これを後押しするかのように、4番人気以内の馬が9勝を挙げながらも、1~2番人気がいずれも馬券の圏内に好走したケースは、レインボーラインとシュヴァルグランのワンツーとなった2018年の一度しかなかった。

 堅そうに思えたレースの「裏の顔」に気付いてしまうと、天皇賞・春もまた4週続いた波乱の波に飲み込まれるのではないかという不安を感じてしまう。

 そんな中、この波乱含みの天皇賞・春に絶大な自信を見せたのが、昨年の天皇賞・春を予告通りに的中してみせた競馬情報のプロ集団『ワールド競馬 Web』だ。

 現役時代にレジェンドといわれた競馬関係者が集結している彼らの武器は、引退後も競馬関係者と親密な関係にあるOBが提供する圧倒的な情報力。プライベートでも現場の関係者と親密な仲であるからこそ、表に出ないような情報の入手も実現しているという。

ディープボンド、タイトルホルダーに水を差す天皇賞・春の「裏の顔」、過去10年で5回が万馬券決着…波乱を演出した大穴の「激走サイン」を見逃すなの画像2
鋭い分析が魅力のダービージョッキー大西直宏氏

 しかも、情報ストラテジスト(戦略家)として所属する大西直宏氏は、1997年にサニーブライアンとのコンビで二冠を達成した元騎手。日本ダービー(G1)の勝利騎手インタビューで語った「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていました」という名言は、あまりにも有名である。

 担当者に取材を申し込んだところ、彼らが把握している膨大な情報からここで明かせる「一部でいいなら」と許可をもらえため、この場を借りて公開してみたい。

「例えば、今年のアメリカジョッキークラブC(G2)では、馬連3万4330円、3連複8万7240円をお届けしました。勝ち馬キングオブコージは勿論、本命に推していた馬ですが、それ以上に会員の方から大きな反響があったのは、11番人気で2着に入ったマイネルファンロンを特注の穴馬に指名していたことです。

同馬については、以前より大西直宏氏が関係者から、『前に行くより脚を溜めた方が良さそう』という話を聞いていました。それが現実となり、昨夏には後方一気で新潟記念(G3)を制覇。その後の3走は着外が続いていましたが、AJCCの時には『鞍上も3回目で慣れてきているのがよくわかるし、中山コースでガラリ一変があって不思議ない』とした大西氏のプッシュが決め手になりました」(ワールド担当者)

 事実、ロングラン開催となった阪神開催でも万馬券的中を連発した彼らの持つ情報網の実力は確か。3日の心斎橋S(3勝クラス)でも10番人気ロードマックスをプッシュして3連単22万1820円の高配当的中を実現している。前走で大敗していた馬の一変を見抜くことに成功したのも、G1で掲示板に載ったことのある実力の持ち主が、走れる状態にあることを関係者から手に入れていたからだという。

 担当者が「これはあくまで一例に過ぎません」と豪語するのも、言われてみればその通りかもしれない。我々のようなファンは、新聞やネットなどで出回る一般のメディアが発信する情報だけが頼り。表に絶対に出ないような現場の情報を持つプロとは、そもそも戦っている土俵が違う。丸腰の素人が運よく穴馬券を的中出来たとしても、それはラッキーな偶然に過ぎず、確かな裏付けが武器のプロ相手に敵う訳がない。かといってそんなことを嘆いたところで、これが現実なのだ。

ディープボンド、タイトルホルダーに水を差す天皇賞・春の「裏の顔」、過去10年で5回が万馬券決着…波乱を演出した大穴の「激走サイン」を見逃すなの画像3
関係者の裏情報で大金ゲットも夢ではない?

 そんな我々に救いの手を差し伸べてくれたのがワールドである。

「春競馬の情報にご好評を頂いたので、今回はGWの特別キャンペーンとして、昨年も万馬券的中の天皇賞(春)で【本当に買うべき馬を3頭】を絞りに絞って無料で公開することになりました。天皇賞・春もタイトルホルダーやディープボンドの状態や表に出ない情報も把握していますし、自信の穴馬をリストアップしていますから期待してください。

この記事をご覧の方を対象として、【天皇賞・春、絞りに絞った3頭】を特別に無料で提供いたします。初めてWORLDのご利用の方には、次週のNHKマイルC以降も宝塚記念まで上半期のG1で大西直宏氏監修の厳選3頭を毎週無料でお伝えします。そのほかのレースでも、裏話を多数用意していますよ」(同)

 早速試していたが、会員登録はメールアドレスを入力するだけ。すぐに【WORLD競馬WEB】から確認メールが配信されるので、後は指示通りの作業でものの数分もかからない。

 プロの厳選した情報が手に入る上に無料なのだからこちらとしてもノーリスク。しかも、天皇賞・春だけでなく、宝塚記念まで情報を提供してくれる大サービスだ。あまりに美味しい話過ぎて、かえって不安になるくらいだがそんな簡単に信じていいのだろうか。

「安心してください(笑)、WORLDが独自に入手している表に出ない情報で的中する喜びをファンの皆様にも体験していただきたいだけですので」(同)

 今週の天皇賞・春から6月末の宝塚記念まで2カ月もある。圧倒的な情報力を持つプロの情報があれば「鬼に金棒」だ。レース当日に配信される特注馬を楽しみに待ちたい。

CLICK→【無料公開!天皇賞・春、絞りに絞った3頭】ワールド競馬 Web

※本稿はPR記事です。

JRAディープボンド、タイトルホルダーに水を差す天皇賞・春の「裏の顔」、過去10年で5回が万馬券決着…波乱を演出した大穴の「激走サイン」を見逃すなのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  3. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  4. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA「伝説の新馬戦」候補に武豊の期待馬が出走! 話題のドゥラメンテ産駒やウマ娘オーナーも参戦…宝塚記念(G1)当日に「注目」のメンバーが激突