NEW

JRA武豊×ディヴィーナに「黄色信号」……ヴィクトリアマイル(G1)レイパパレ電撃参戦で除外危機、レジェンドにまさかの「鞍替え説」も浮上か

【この記事のキーワード】, , ,

JRA武豊×ディヴィーナに「黄色信号」……ヴィクトリアマイル(G1)レイパパレ電撃参戦で除外危機、レジェンドにまさかの「鞍替え説」も浮上かの画像1

 昨年の大阪杯(G1)の勝ち馬で、今年の同レースでも2着に健闘したレイパパレが、来月15日に東京競馬場で開催されるヴィクトリアマイル(G1)に参戦することが、所属するキャロットファームから発表された。

 マイル戦は一昨年6月の1勝クラス以来、およそ2年ぶりになるが、2戦無敗とまだ底を見せていない距離でもある。兄弟にはスプリント重賞を勝ったシャイニングレイも名を連ねるだけに、距離短縮がハマる可能性も十分ありそうだ。

 その一方で、ヴィクトリアマイルへの出走に黄色信号が灯ってしまったのが、ディヴィーナ(牝4歳、栗東、友道康夫厩舎)と武豊騎手のコンビである。

 同馬は元プロ野球投手で「ハマの大魔神」こと佐々木主浩オーナーの所有馬。母は2013、14年のヴィクトリアマイルを連覇したヴィルシーナで、父は国内外でG1・6勝を挙げたモーリスという良血馬だ。

 今年3月に行われた前走の豊橋S(3勝クラス)を勝利し、デビューから僅か10ヶ月足らずでオープン入りを決めると、武豊騎手との新コンビでヴィクトリアマイルに挑むことが先日発表されていた。

 だが、今回がオープン初挑戦になるディヴィーナは収得賞金がやや心細いことから、出走枠に入れずに除外になることも危惧されていた。

 今年のヴィクトリアマイルに出走する可能性のある馬を想定した場合、出走クリアのラインに届かない可能性も出ているのだ。

 ヴィクトリアマイルは2017年にはフルゲートを割っており、また除外馬も過去5年でエーポス1頭しか出ていない。G1の中では出走へのハードルが割りと低いレースとしても知られている。

 一方で、今年は例年に比べて豪華メンバーが揃うことが予想されており、それに伴いボーダーも上がるのではないかという話も戦前から囁かれていたのだが、どうやらそれが現実のものとなりつつあるようだ。

 さらに、ディヴィーナと武豊騎手は元々めぐり合わせが悪く、これまで一昨年8月の新馬戦、昨年のローズS(G2)で2度、騎乗機会が消滅している。果たして人馬は、三度のすれ違いとなってしまうのだろうか。

JRA武豊×ディヴィーナに「黄色信号」……ヴィクトリアマイル(G1)レイパパレ電撃参戦で除外危機、レジェンドにまさかの「鞍替え説」も浮上かのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  5. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  6. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA宝塚記念(G1)兄弟対決に割って入るのは「父親」の超人気薄!? 非根幹距離巧者と狙う3度目の正直