NEW

JRA天皇賞・春(G1)ディープボンドが勝てば阪神タイガース「最下位」確定!? すでに壊滅的状況も「和田竜二の法則」がトドメの一撃か

JRA天皇賞・春(G1)ディープボンドが勝てば阪神タイガース「最下位」確定!? すでに壊滅的状況も「和田竜二の法則」がトドメの一撃かの画像1
和田竜二騎手

 1日、阪神競馬場で行われる天皇賞・春(G1)。今年の1番人気は昨年2着のディープボンド(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎)になりそうだが、鞍上の和田竜二騎手には2018年の宝塚記念以来のG1制覇が懸かった一戦となる。

 ちなみに和田竜騎手にとってはG1通算9勝目を狙う戦いとなるが、実は本騎手がG1を勝利した年は、プロ野球・阪神タイガースがペナントレースで最下位になってしまうジンクスがあることをご存じだろうか。

 まずは和田竜騎手が勝利したG1レースと、その年の阪神タイガースの成績を見てみよう。


和田竜二騎手のG1レース勝利

1999年 皐月賞
2000年 天皇賞・春、宝塚記念、天皇賞・秋、ジャパンC、有馬記念
2001年 天皇賞・春
2018年 宝塚記念

同年の阪神タイガース成績

1999年 最下位
2000年 最下位
2001年 最下位
2018年 最下位


 ちなみに1999年から2021年まで阪神タイガースは4度の最下位があるが、そのすべてが和田竜騎手がG1レースを勝利した年なのである。この成績には阪神ファンの悲鳴が聞こえてきそうだ。次に2022年、つまり今年の両者を見てみよう。

 ご存じのように今週行われる天皇賞・春に、和田竜騎手はディープボンドとのコンビで出走する。同馬は昨年の天皇賞・春と有馬記念(G1)で2着に好走し、前哨戦の阪神大賞典(G2)は2連覇中という実力馬。ここは上位人気が確実で、勝利に最も近い存在と言えるだろう。

 そして阪神タイガースの成績を見てみると、優勝候補と言われた今年は開幕からプロ野球(セ・リーグ)記録となる9連敗を喫するなど不調……4月26日時点で5勝20敗1分という記録的な負け越しとなっている。このペースでいけば年間100敗以上という不名誉な記録も視野に入ってくるほどだ。

 まさに対照的な両者だが、この天皇賞・春は方や勝てば悲願のG1勝利、もう一方は最下位確定のサインという非情なレース。熱心な阪神ファンであれば、このジンクスを見てしまうとディープボンドは応援しにくい。

JRA天皇賞・春(G1)ディープボンドが勝てば阪神タイガース「最下位」確定!? すでに壊滅的状況も「和田竜二の法則」がトドメの一撃かの画像2
タイトルホルダー

 そこで白羽の矢が立つのは菊花賞馬のタイトルホルダーだ。

 ディープボンドと人気を分け合う実力馬であり、前哨戦の日経賞(G2)を勝利。ここでタイトルホルダーが勝利すれば、とりあえず現時点で阪神タイガースの最下位確定サインは点灯しない。もちろん和田竜騎手が他のG1レースを勝利する可能性は残されているが、それでも希望は残る。

JRA天皇賞・春(G1)ディープボンドが勝てば阪神タイガース「最下位」確定!? すでに壊滅的状況も「和田竜二の法則」がトドメの一撃かのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合