NEW

JRA“非情”の乗り替わりに見るオークス(G1)「鞍上問題」ドタバタ劇……福永祐一に新コンビも、主戦C.ルメールが浮上しなかった理由

【この記事のキーワード】, ,
JRA非情の乗り替わりに見るオークス(G1)「鞍上問題」ドタバタ劇……福永祐一に新コンビも、主戦C.ルメールが浮上しなかった理由の画像1
福永祐一騎手

 29日、先週のフローラS(G2)を制したエリカヴィータ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)が、福永祐一騎手との新コンビでオークス(G1)へ向かうことがわかった。

 2番人気に推されながらも10着に敗れた1月のフェアリーS(G3)から見事な復活を遂げたエリカヴィータ。2020年のセレクトセールで1億8700万円(税込み)で取引された良血馬だけに、この春も皐月賞(G1)を勝つなど存在感十分の福永騎手を確保でき、陣営もまずは一安心といったところか。

 しかし、競馬ファンは今回の乗り替わりを複雑な心境で受け止めているようだ。

トライアルを勝っても降ろされた田辺裕信騎手

 

「フローラSで騎乗した田辺裕信騎手を思えば、ちょっと可哀想ですよね。トライアルを勝って“満点回答”をしたわけですから。国枝調教師によるとオーナーサイドの判断らしいですが、ネット上のファンからは『非情』という声もありました。現状、田辺騎手にこれといったオークスの騎乗馬がいるわけでもないので。

ただ、この馬は元々C.ルメール騎手が乗っていた馬で、田辺騎手はあくまで代打だった可能性が高そうです。それでもルメール騎手が不確定だったため、田辺騎手がコンビ継続のままオークスでも騎乗する可能性がありましたが、福永騎手に決まったのはちょっと意外でした」(競馬記者)

JRA非情の乗り替わりに見るオークス(G1)「鞍上問題」ドタバタ劇……福永祐一に新コンビも、主戦C.ルメールが浮上しなかった理由の画像2
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 桜花賞(G1)では12番人気のフォラブリューテに騎乗して14着に大敗しているルメール騎手。記者曰く当初は、フローラSで騎乗したラスールとのコンビでオークスに参戦する可能性があったという。

 しかし、トライアルで6着に敗れると骨折により戦線離脱……。5年連続リーディングジョッキーの騎乗馬が空白になったわけだが、それでもエリカヴィータとコンビを再結成することはなかったようだ。

「実は、米クラシック第2戦となるプリークネスS(G1)がオークスの前日となる5月21日に行われます。まだ正式な発表はありませんが、クラウンプライドのケンタッキーダービー(G1)の結果次第では続戦がありそうです。その場合、ルメール騎手が引き続き騎乗する可能性が高いでしょうね」(同)

 実際に、今週ルメール騎手はケンタッキーダービーに騎乗するために、JRAに海外渡航届を提出。この遠征により、8日に日本で行われるNHKマイルC(G1)には騎乗できないが、『スポニチ』の取材には「今回はいい挑戦だと思う」と語るなど、米国三冠挑戦への思いは強いようだ。

「2016年には、クラウンプライドと同じようにUAEダービー(G2)を勝ったラニが武豊騎手とのコンビで米国三冠を完走しています。クラウンプライドも米国三冠に予備登録を済ませており、日本競馬史上2頭目の米国三冠完走となるかもしれません。

これまでは日本競馬にとって、本場として名高い米国のダートは高い壁でしたが、昨年のブリーダーズCディスタフ(G1)をマルシュロレーヌが勝利したことで希望が見えてきました。相手は強いですが、クラウンプライドが好走しても大きな驚きはないと思います」(同)

 また、別の記者はルメール騎手のもう1つの可能性を語る。

JRA“非情”の乗り替わりに見るオークス(G1)「鞍上問題」ドタバタ劇……福永祐一に新コンビも、主戦C.ルメールが浮上しなかった理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合