NEW

JRA「ポスト武豊」が苦しい立ち位置…天皇賞・春(G1)同じ“騎乗馬無し”でも「超余裕」福永祐一との“決定的違い”とは

【この記事のキーワード】, ,
JRA「ポスト武豊」が苦しい立ち位置…天皇賞・春(G1)同じ騎乗馬無しでも「超余裕」福永祐一との決定的違いとはの画像1
横山武史騎手 撮影:Ruriko.I

「来年は今年以上に勝てるよう、そしてG1や重賞も勝てるように頑張っていきたい」

 昨年12月、天才・武豊騎手に次ぐ史上2番目の若さでJRA年間100勝を達成した22歳の横山武史騎手はそう誓っていた。

 今年も「この男の年になる」と多くの競馬ファンは疑わなかったが、現状はここまで重賞23戦でわずか1勝のみに留まる苦しい展開。高松宮記念(G1)から始まったG1・4連戦では、いずれも上位人気馬の手綱を任されながら、周囲の期待を裏切る惨敗を繰り返した。

 今週からは怒涛のG1・6連戦が幕を開けようとしている。だが、肝心の天皇賞・春(G1)の舞台にこの男の姿はなく、当日は東京競馬場で騎乗予定となっている寂しい状況。昨年の朝日杯FS(G1)以来のG1不参加に、どこか疎外感を感じてしまうのは筆者だけだろうか。

JRA「ポスト武豊」が苦しい立ち位置…天皇賞・春(G1)同じ騎乗馬無しでも「超余裕」福永祐一との決定的違いとはの画像2
福永祐一騎手

 どうにも苦戦が続く若武者を横目に、今年G1戦線で好調なのが福永祐一騎手だ。

 今週は横山武騎手同様に天皇賞・春の騎乗はないが、今年フェブラリーS(G1)や皐月賞(G1)を勝った名手は、気持ちの面で大きなアドバンテージがあるだろう。

 来週行われるNHKマイルC(G1)においても、1番人気想定のセリフォスへの騎乗が先日決まったばかり。今年のG1・2勝はいずれもテン乗りでの一発回答なだけに、今回初騎乗となる同馬への期待も自然と高まる。やはり頼れる男には、有力馬の騎乗依頼も舞い込んでくるのが競馬の世界だ。

 今年に関しては、特にC.ルメール騎手からの乗り替わりで好結果を出している福永騎手。復帰した2月からオープンクラス以上のレースでは、前述のG1勝利を含む5戦4勝と驚異的な勝負強さを発揮。格上ジョッキーからのいわゆる「おさがり」も、上手く勝ち星に繋げている。

 その一方で、同じくルメール騎手からの乗り替わりを活かし切れていないのが横山武騎手だ。

代役としてチャンスをモノに出来ていない横山武騎手

 

 今年のオープンクラス以上では、フェアリーS(G3)のスクルトゥーラ(4番人気、6着)やアネモネS(L)のウィズグレイス(1番人気、9着)と共に有力馬でありながら、いずれも着外に終わっている。

 思い返せば、昨年も新潟記念(G3)のパルティアーモ(4番人気、11着)や京王杯2歳S(G2)のヴィアドロローサ(7番人気、8着)など、オープンクラス以上に限ると「0-1-1-6/8」と不振が際立っている。

 2着、3着に入ったのは安田記念(G1)とマイルCS(G1)で、いずれもグランアレグリアを優先したルメール騎手の代役として跨ったG1馬シュネルマイスターでのもの。それ以外は全て4着以下に敗れており、チャンスをモノに出来ていない。

 1日に東京競馬場で行われるスイートピーS(L)では、オークス(G1)へ向けた最後の優先出走権が懸かるなかで、有力候補のローブエリタージュに騎乗する予定だ。だが、こちらもルメール騎手からの乗り替わりでどこか不安が付き纏う。

 そして追い打ちをかける様に、今週から宝塚記念ウィークまでD.レーン騎手が短期免許を取得し日本で騎乗するため、横山武騎手にとって有力馬確保はさらに厳しい状況となりそうだ。

 自らのお手馬も勿論だが、福永騎手のように乗り替わりのチャンスも活かして行かなければ、今年は想定外の“G1未勝利”なんて結末が待っているかもしれない。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
 ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

JRA「ポスト武豊」が苦しい立ち位置…天皇賞・春(G1)同じ“騎乗馬無し”でも「超余裕」福永祐一との“決定的違い”とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合