NEW

JRA NHKマイルC、社台グループ勝負情報で的中確定!? 福永騎手の師匠がセリフォスを最終ジャッジ

【この記事のキーワード】
NHKマイルC、社台グループ勝負情報で的中確定!? 福永騎手の師匠がセリフォスを最終ジャッジの画像1
朝日杯FS(G1)2着のセリフォスは買いか消しか?

 週末は注目のNHKマイルC(G1)。過去にエルコンドルパサー、クロフネ、キングカメハメハ、ディープスカイ、ダノンシャンティ、シュネルマイスターなどが勝利してきた3歳マイル王を決める一戦。今年のメンバーを見ても、いずれ安田記念(G1)やマイルCS(G1)を制するだろう素質馬が揃った。

 1番人気の筆頭は昨年の朝日杯FS(G1)でドウデュースの2着に好走したセリフォスだろう。デビュー戦、新潟2歳S(G3)、デイリー杯2歳S(G2)の3連勝で挑んだ朝日杯FSは2着だったが、3歳トップマイラーとしての評価は断然。今回は福永祐一騎手が騎乗し、皐月賞には目もくれずNHKマイルC一本に絞ってきただけに陣営の本気度が伺える。

 最大のライバルは朝日杯FSで3着だったダノンスコーピオンだ。今年初戦の共同通信杯(G3)は体調不良で大敗したが、前哨戦のアーリントンC(G3)を見事勝利し、その実力を見せつけた。今年3戦目というローテーションが吉と出るか凶と出るかは陣営の腕次第。しかしながらその実力は疑いようもなく、現在リーディングトップの川田将雅騎手が騎乗することもあり注目を集めている。

 また横山典弘騎手が騎乗するマテンロウオリオンも目が離せない一頭だ。同じ左回り1600mのシンザン記念(G3)を勝利。前走のニュージーランドT(G2)はあと一歩の2着だったが、元々狙いはこのレースと思われるので、策士横山騎手がどんな乗り方で勝負をかけるか興味深い。

 前哨戦のニュージーランドTを勝利した、武豊騎手が騎乗するジャングロも中心の一角。オーナーはウマ娘でお馴染みのサイバーエージェント藤田晋氏。馬主デビュー2年目で、いきなりG1勝利のチャンスがやってきた。

 さらに短期免許で来日するD.レーン騎手騎乗のインダストリア、横山武史騎手騎乗のソネットフレーズなども、上位争いに加われるだけの能力を持っている。

 しかしながら過去に数多くの人気馬が敗退し、100万馬券や10万馬券が何度も発生したレース。毎年穴馬の激走が目立つだけに、今年も波乱の空気が漂っている。

 やはり3歳の難しい時期だからこそ、出走馬の正確な情報は必要不可欠。そして3歳のG1レースといえば、桜花賞や皐月賞を制したように社台グループの情報が最重要。このNHKマイルCにおいても、その社台グループの内部情報を入手できるか否かは、結果に直結すると言って間違いない。

 だが残念なことに、そういった社台グループの内部情報は、スポーツ紙や競馬専門紙などのマスコミに掲載されることはほとんどなく、そのすべてはベールに包まれている。

 そんな社台グループの情報をどこよりも把握しているのが、最強の競馬関係者集団「競馬セブン」だ。

 競馬セブンは元JRA騎手、元JRA調教師、元社台グループの重鎮といった競馬界の大物が多数在籍しているが、その中でも特に目を引くのが総監督を務める徳吉一己、そして社台スタリオンステーション荻伏の場長を務めていた林勲だ。

 徳吉はJRAの騎手として500レース以上を勝ち、さらにJRA騎手学校教官という経歴の持ち主。NHKマイルCに出走するセリフォスの鞍上福永祐一騎手や、ステルナティーアに騎乗予定の池添謙一騎手といったトップジョッキーは彼の教え子だ。当然のことながら、それらの馬に関する情報や適性判断は他の追随を許さない。休み明けのセリフォスは買うべきなのか消すべきなのか、誰もが悩む同馬の最終ジャッジはお任せといったところ。

 さらに林勲は社台グループ関係者と特別なパイプがあり、林率いる社台グループ情報部はありとあらゆる社台グループの情報を入手。過去に多くの馬が勝利し、今年も多くの有力馬が出走するNHKマイルCにおいて、この情報の重要さは何よりも大きい。

 競馬セブンの実力は説明するまでもないが、特にNHKマイルCに関して言えば「これ以上はない」と断言できるほどの実績を残している。以下に記すのが、ここ数年で的中させたレースの一部だ。

■競馬セブンによるNHKマイルCの主な的中

2017年
1着アエロリット(2人気)
2着リエノテソーロ(13人気)
3着ボンセルヴィーソ(6人気)
馬 連 1万7290円的中
3連複 5万600円的中
(馬連で172万9000円獲得)

2019年
1着アドマイヤマーズ(2人気)
2着ケイデンスコール(14人気)
3着カテドラル(7人気)
馬 連 1万7200円的中
3連複 9万7390円的中
3連単 41万680円的中
(馬連で172万円獲得)

2021年
1着シュネルマイスター(2人気)
2着ソングライン(7人気)
3着グレナディアガーズ(1人気)
馬 連 3690円的中
3連複 3540円的中
3連単 2万1180円的中
(馬連で36万9000円獲得)

 過去5年で3度的中させているが、特筆すべきは馬連万馬券を2回も仕留めていることだ。これはちょっと真似できないレベル。恐らくすべてのスポーツ紙と競馬専門紙の本誌予想を調べても、この万馬券をともに的中させている記者はいないだろう。

NHKマイルC、社台グループ勝負情報で的中確定!? 福永騎手の師匠がセリフォスを最終ジャッジの画像2
昨年のNHKマイルCもパーフェクト的中を達成!

 この実績から今年もかなり期待できると判断できるが、実際に彼らは以下のようにNHKマイルCについて語っている。

「競馬セブンは特に社台グループの情報収集に力を入れています。具体的には【競馬セブン社台情報部】が中心となり、馬産地の北海道から東は社台ファームの山元トレセンとノーザンファーム天栄、西はノーザンファームしがらきなど、社台グループの最前線基地である外厩情報も入手可能です。

 そして今年の3歳重賞レースではきさらぎ賞(G3)、クイーンC(G3)、共同通信杯(G3)、弥生賞(G2)、フィリーズレビュー(G2)、フラワーC(G3)などを的中させていますが、このNHKマイルCに向けて表には出ない社台グループの勝負情報を独占入手しております。

 競馬セブンは2019年に14番人気2着ケイデンスコールの激走情報で、3連単41万680円などトリプル万馬券を的中。2017年も13番人気2着リエノテソーロの激走情報で3連複5万600円などダブル万馬券的中をお届けしていますが、今回入手している穴馬情報はこれらの穴馬に匹敵する情報レベル。推定10~14番人気という話もあり、非常に期待が高まっています。

NHKマイルC、社台グループ勝負情報で的中確定!? 福永騎手の師匠がセリフォスを最終ジャッジの画像3
14番人気2着ケイデンスコールはノーザンファームが送り出した穴馬だった

 しかもマスコミが印を並べている某人気馬に関しては、陣営から『出走させるだけで掲示板もない』といった本音も確認。人気馬の敗退、人気薄馬の激走、この2つの先にあるのは、馬連万馬券の的中といえるでしょう。

 つまり今年のNHKマイルCは、2017年と2019年に続く馬連万馬券的中が目前といっても過言ではありません。それだけの情報だといえます」(競馬セブン関係者)

 この話には誰もが衝撃を受けただろう。NHKマイルCに関する一連のマスコミの記事を読むと、セリフォスやダノンスコーピオンそしてジャングロあたりに話題が集まっており、穴馬が激走する余地はなさそうに思える。しかし過去にNHKマイルCで2度の馬連万馬券を的中させた競馬セブンの見解は真逆。

 NHKマイルCを外し続けたマスコミを信じるのか、馬連万馬券や3連単41万馬券を的中させた競馬セブンを信じるのか、答えは一つだろう。さらに競馬セブンからこんなサービスも寄せられた。

「馬連万馬券が狙える絶好のチャンスですから、この情報こそより多くの競馬ファンに届けたいと考えています。そこで絶対に買うべきNHKマイルCの勝負買い目【馬連3点】を特別無料公開します。

 しかもこの3点で的中できなければ、日本ダービーまでのG1情報も無料で公開しますので、ぜひこの無料情報を逃さず活用してください」(競馬セブン関係者)

 競馬セブンは昨年のG1レースで23戦16勝と高的中率を記録し、馬連だけでも246万8000円という大金を獲得している。そしてNHKマイルCにおける圧倒的な実績。これだけでも、彼らの情報はいかに価値があるかわかるだろう。しかもその情報を無料で入手できるのだから、これを利用しない手はない。

 また競馬セブンは今回の馬連3点情報だけでなく、毎週の競馬で役立つ様々な情報コンテンツを無料で公開しているとのこと(社台情報・馬主情報・重賞情報)。その情報も活用すれば、毎週の競馬がさらに充実したものになるはずだ。この春は競馬セブンを活用して充実した競馬ライフを過ごそう。

CLICK→無料公開!【NHKマイルC勝負買い目「馬連3点!」】競馬セブン

※本稿はPR記事です。

JRA NHKマイルC、社台グループ勝負情報で的中確定!? 福永騎手の師匠がセリフォスを最終ジャッジのページです。GJは、競馬、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  3. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  4. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  5. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  6. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  7. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  8. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  10. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!