NEW

JRA【京都新聞杯(G2)展望】日本ダービーへD.レーンと「8馬身圧勝」ブラックブロッサム登場! 「5億円馬」リアド&ショウナンアデイブ反撃なるか

JRA【京都新聞杯(G2)展望】日本ダービーへの東上最終便は2戦2勝ブラックブロッサムが中心!合計「10億円超」リアド&ショウナンアデイブも虎視眈々の画像1

 7日、中京競馬場では京都新聞杯(G2)が行われる。トライアルではないが、日本ダービー(G1)への東上最終便として重要なステップレースに位置付けられている。

 昨年に続き中京芝2200mでの開催となる今年は、デビューから中京で2戦2勝のブラックブロッサム(牡3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が主役を務めることになりそうだ。

 1月の3歳新馬、3月の大寒桜賞(1勝クラス)をいずれも先行して押し切ったブラックブロッサム。特に圧巻だったのは、同じコースで行われた前走だった。好スタートを切って、やや離れた3番手を進むと3~4コーナーで一気に進出。直線半ばでムチが入ると、あっという間に後続を突き放し、8馬身差をつけての圧勝だった。

 その前走は前日の降雨の影響が残った重馬場も味方した。父は新種牡馬のキタサンブラックで、ブラックブロッサムも父譲りの500kgを超える雄大な馬体の持ち主。パワーとスタミナが問われる馬場は得意中の得意だろう。

 一方で、やや速めの時計が出た新馬戦も快勝しており、軽い馬場も対応済み。キャリア2戦とレース経験は浅いが、良と重をこなした馬場経験、そして2度の中京経験はここでは大いに生きるはずだ。

 鞍上を務めるのは先月30日から短期免許で騎乗しているD.レーン騎手。無傷の3連勝を飾って、2年ぶり3度目の日本ダービー(19年サートゥルナーリア4着、20年サリオス2着)にこの馬と向かえるか。

 ポッドボレット(牡3歳、栗東・辻野泰之厩舎)はキャリア6戦、距離も1800~2400mと経験豊富だが、中京は今回が初めてとなる。

 3戦目で勝ち上がり、重賞初挑戦の京都2歳S(G3)では0秒3差の4着。年明け初戦のゆりかもめ賞(1勝クラス)でレヴァンジルの2着に敗れたが、前走すみれS(L)はそのレヴァンジルを差し切って、2勝目を挙げた。

 出走可能だった皐月賞(G1)をパスして、見据えるのはもちろんダービー出走。リステッド勝ちがあるとはいえ、現時点で出走ボーダーライン上ぎりぎりにいる。少なくとも2着に入って賞金を加算しておきたいところだ。

 前走に続き鞍上を務めるのは福永祐一騎手。これまで1番人気馬に2度(06年マルカシェンク、21年ルペルカーリア)、2番人気馬にも2度(98年キングヘイロー、05年アドマイヤフジ)騎乗するも、「0-2-2-14」と、人気を裏切るケースが目立つ。19度目の騎乗で初勝利を挙げられるか。

 セレクトセールで高値を付けた2頭もダービー出走を懸けてのラストチャンスを迎える。

JRA【京都新聞杯(G2)展望】日本ダービーへD.レーンと「8馬身圧勝」ブラックブロッサム登場! 「5億円馬」リアド&ショウナンアデイブ反撃なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合