NEW

JRAタイトルホルダーは「何故」歴史的大差で圧勝できたのか。元JRA騎手・藤田伸二氏が指摘し、最大のライバル和田竜二が泣いたアクシデント

【この記事のキーワード】, ,
JRAタイトルホルダーは「何故」歴史的大差で圧勝できたのか。元JRA騎手・藤田伸二氏が指摘し、最大のライバル和田竜二が泣いたアクシデントの画像1
タイトルホルダー 撮影:Ruriko.I

 まさに目の覚めるような圧勝劇だった。

 1日、阪神競馬場で行われた長距離王決定戦、天皇賞・春(G1)は2番人気のタイトルホルダーが7馬身差で圧勝。鞍上の横山和生騎手はデビュー12年目にして、嬉しい初G1をゲットした。

「とってもうれしいです。返し馬の雰囲気で馬の良さは感じていたので、タイトルホルダーの力を信じて『僕が邪魔しないように』と思いながら乗りました」

 レース後、そう喜びを爆発させた横山和騎手は、これで祖父・富雄、父・典弘に続く親子3代制覇。7馬身差はグレード制導入以降、横山典騎手のイングランディーレと並ぶ史上最大の着差だった。

 単勝4.9倍の2番人気馬が、G1でここまでの圧勝劇を演じるケースは稀だ。逃げが上手くハマったという指摘もあるが、タイトルホルダーは昨年の菊花賞も5馬身差の圧勝。単なる作戦勝ちでないことは明らかだろう。

 ちなみにタイトルホルダーが、今回の天皇賞・春を圧勝する可能性については前回に触れた通り。要約するとグレード制導入以降の菊花賞を5馬身以上で制したのは、過去にナリタブライアン(7馬身差)、スーパークリーク、ビワハヤヒデ、エピファネイア(5馬身差)と本馬しかいなかったということだ。

 この時点で今回の圧勝劇の可能性は十分にあったわけだが、記者が「結果的に勝因の1つになった」として指摘した点も興味深い。

タイトルホルダーの圧勝劇は「運」も味方した?

 

「スタート直後にシルヴァーソニックが躓いて、川田将雅騎手が落馬するアクシデントがありました。幸い、人馬とも無事だったそうですが、スタート直後の落馬ということで、空馬になったシルヴァーソニックが終始レース全体に微妙な影響を与えていましたね」(競馬記者)

 記者が指摘したのは、レースの中盤以降となる正面スタンド前から勝負どころの3、4コーナーのシーンだ。

 スタート直後のアクシデントで後方となったシルヴァーソニックだが、徐々にポジションを上げると、正面スタンド前の直線から向正面辺りまで好位グループの中にいた。

 ここには、結果的に2着となる1番人気ディープボンドや、3着に終わった4番人気テーオーロイヤルなど、つまりはタイトルホルダーにとって最も厄介なライバルたちがいたのだ。

 この現象については、ディープボンドの和田竜騎手も「カラ馬がいたので、リズムを崩さないように運びました」と、やはり気を遣っていたようだ。

JRAタイトルホルダーは「何故」歴史的大差で圧勝できたのか。元JRA騎手・藤田伸二氏が指摘し、最大のライバル和田竜二が泣いたアクシデントのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合