NEW

【パチスロ4号機ストック機時代】RTゲーム数&連チャン回数を予め決定…リプレイハズシで出玉に差がつく人気シリーズの初代

【この記事のキーワード】, ,

【パチスロ4号機ストック機時代】RTゲーム数&連チャン回数を予め決定…リプレイハズシで出玉に差がつく人気シリーズの初代の画像1

パチスロ4号機時代に活躍した人気シリーズ初代

 筐体上部の液晶で繰り広げられるモグラ叩きゲームに勝利できればボーナス確定。そのコミカルな演出とヒキ次第では低設定でも万枚を吐き出す強力な出玉性能でロングヒットを記録したネットの4号機『モグモグ風林火山』は、様々な斬新な機能を搭載したことでも知られている。

 本機は、ゲームメーカー・テクモ(現コーエーテクモゲームス)の協力を得て開発した大量獲得タイプのストック機。成立したボーナスは一旦内部に貯蓄され、規定STゲーム消化、或いは純ハズレ成立でRT解除=ボーナスが放出される。

 規定RTゲーム数は5種類あるテーブルで管理され、テーブルAは129~704G、テーブルBは129~960G、テーブルCは385~832G、テーブルDは385~960G、テーブルEは513~1216G内で振り分けられる。

 また、本機は、ST解除ゲーム数と共に「連チャン回数」も選択される点も特徴のひとつ。初当りボーナス終了後は連チャン中のRT解除テーブルを参照にボーナスが放出され、規定連チャン回数を消化し終えたら、再度、いずれかのテーブルに振り分けられる…といった流れを辿る仕組みだ。

 ちなみに、連チャン中のRT解除テーブルは4種類で、テーブル1・2は1~192G。テーブル3・4は1~256Gで、連チャン回数6・11・16回目には256Gまでハマる可能性がある。

 冒頭で述べたモグラ叩きゲームは前兆の役割を担い、継続ゲーム数は基本的に10G。ザコ兵を倒せば大将登場→その大将を倒せばクリアで、鉄砲兵が出現した場合はゲーム数延長に期待できる。

「全国制覇」は大連チャンを生む激熱フラグ

 主人公・武田モグ玄が敵地に攻め込んでの勝利は、その領地を獲得。首尾よく全国制覇を成し遂げれば、大連チャンに発展するといった恩恵もある。

 ボーナスはビッグとREGの2種類で、ビッグ中には難易度の異なるリプレイハズシ手順が3パターン用意されている点も特筆要素のひとつ。最もシビアなのはビタ押しの青7絵柄狙いで、見事に成功すればリプレイハズシと共に15枚を獲得できる。

 BAR絵柄狙いは2コマの目押し猶予がある一方、15枚役の奪取はなし。3連モグ絵柄狙いは視認性こそ高いものの、そのリプレイハズシ成功率は約89%となる。

 理論上、ビタハズシでの平均獲得枚数は615.5枚で、3連ハズシは577.5枚。それなりの数値差があることから、目押し力も勝敗に大きな影響を及ぼす。

 このほか、本機は設定を変更すると75%でモーニングに当選し、300G以内にボーナス当選するといった特徴もある。ただし、4分の1でモーニング抽選に漏れ、且つ残りストック2個以下だった場合は最大天井が通常の1216Gから1616Gまで延長される。

【注目記事】
【パチンコ実戦】100連チャン以上も狙えた歴史あるシリーズ!? 右打ちALL1500×継続率75%の最新台を実戦!!
パチンコ「爆勝ち連発」エンペラータイムの発動条件は!? 私は「青春を引き換えに」…【松戸檸檬の人生ちらみせ道中膝栗毛】
パチスロ「エスパー発揮で万枚も射程圏内」… シリーズ最新作もデビュー予定のドリームマシン!

【パチスロ4号機ストック機時代】RTゲーム数&連チャン回数を予め決定…リプレイハズシで出玉に差がつく人気シリーズの初代のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合