NEW

通算「303戦14勝」武豊×ディープインパクトのジャパンC(G1)制覇の前日デビュー、そしてまだ現役…ウオッカ&ダイワスカーレット世代の現役最高齢馬

【この記事のキーワード】, ,

通算「303戦14勝」武豊×ディープインパクトのジャパンC(G1)制覇の前日デビュー、そしてまだ現役…ウオッカ&ダイワスカーレット世代の現役最高齢馬の画像1

 3日、名古屋競馬場では交流重賞のかきつばた記念(G3)が行われ、地方・兵庫所属のイグナイターが勝利。2着に武豊騎手騎乗のヘリオス、3着には3連覇を狙ったラプタスが入った。

 この日は3連休の初日。そして名古屋競馬場が愛知・弥富市に移転後、初の交流重賞が行われるとあって、現地には多くのファンが詰めかけた。

 グランドオープンから間もなく1か月を迎える新・名古屋競馬場だが、次の交流重賞は12月の名古屋グランプリ(G2)までお預け。当面は集客の心配はないだろうが、“目玉”も必要となってくるだろう。

 そんな名古屋競馬に“顔”となり得る存在がいるという。

ウオッカ&ダイワスカーレット世代の現役馬?

 

「ヒカルアヤノヒメという牝馬です。愛知・井上哲厩舎に在籍し、年齢はなんと18歳。人間の年齢に換算すると、55~60歳くらいでしょうか。サラブレッドは4歳から古馬と呼ばれ、7~8歳になると、ベテラン扱いを受けます。地方競馬では高齢まで走り続ける馬も多くいますが、さすがに18歳で現役馬というのは珍しいですね」(競馬記者)

 もちろん現在の国内現役最高齢馬であるヒカルアヤノヒメ。実は、かきつばた記念が行われた3日の4Rに出走し、12頭立ての7着に“好走”していた。

 この日の出走が、なんと通算303戦目だったというヒカルアヤノヒメ。その競走馬生活をすべてというわけにはいかないが、簡単に振り返ってみたい。

 ヒカルアヤノヒメは北海道・浦河町にある富菜牧場で、2004年4月10日に誕生した。翌11日には武豊騎手を背にしたダンスインザムードが桜花賞(G1)を制している。かなり昔の話だ……。

 競走馬としてのデビューは、06年11月25日。今は亡きディープインパクトがジャパンC(G1)を制した前日のことである。ヒカルアヤノヒメは、中央で6戦したが未勝利、うち5回が2桁着順という有様で、3歳の夏には現在の井上厩舎に転厩した。その後は一時期、大井競馬に在籍していたが、09年に名古屋に復帰し、今に至る。

 04年生まれのヒカルアヤノヒメ。実は、ウオッカとダイワスカーレットと同じ“最強牝馬”世代でもある。もちろん実績はその2頭とは比べ物にならないが、通算303戦のヒカルアヤノヒメも地方では14勝を挙げている。

 410kgという小さな馬体でデビューし、走り続けること15年半。もし今年10月以降に出走を果たせば、国内最高齢出走の記録を塗り替えることになる。

 15年8月に挙げた勝利を最後に6年9か月にわたって、目下124連敗中のヒカルアヤノヒメ。かつて1勝も挙げずに113連敗の記録を作ったハルウララが高知競馬を盛り上げたように、名古屋競馬の顔として、新生・名古屋競馬場を盛り上げていくことはできるだろうか。

 18歳現役馬の今後から目が離せない。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

通算「303戦14勝」武豊×ディープインパクトのジャパンC(G1)制覇の前日デビュー、そしてまだ現役…ウオッカ&ダイワスカーレット世代の現役最高齢馬のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  5. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  6. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA宝塚記念(G1)兄弟対決に割って入るのは「父親」の超人気薄!? 非根幹距離巧者と狙う3度目の正直