NEW

パチスロ「史上初の3色7とハイスペックが繰り出す高い連チャン性」~4号機名機伝説~ 『エニィセブンA』編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.91】

【この記事のキーワード】, , ,

パチスロ「史上初の3色7とハイスペックが繰り出す高い連チャン性」~4号機名機伝説~ 『エニィセブンA』編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.91】の画像1 1993年秋、Bタイプ機『ロイヤルタカシーRT』で4号機市場への参戦を果たした大阪の老舗メーカー、高砂電器(のちのアビリット→現在のコナミアミューズメント)。

 史上最高のビッグ確率が生み出す連チャン性は強烈だったが、ビッグの獲得枚数は先発の同じBタイプ機『トロピカーナ』よりも少なく、また頻繁に出現するシングルのJACの半分以上がハズレという特性が不評を買い、残念ながらヒットには至らなかった。

 様々な新機軸を搭載しつつも、Bタイプのデメリットばかりが目立ってしまった、『ロイヤルタカシーRT』。その失敗を挽回すべく1994年夏にリリースされたのが、同社の4号機第2弾『エニィセブンA』である。

『エニィセブンA』

パチスロ「史上初の3色7とハイスペックが繰り出す高い連チャン性」~4号機名機伝説~ 『エニィセブンA』編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.91】の画像2


 仕様は、表面上のボーナス比率1:1のオーソドックスなAタイプ。左→中に7の組み合わせが並び、右リールに「的」が停止すればリプレイ、「黄7」が止まれば15枚という役構成が、当時としては斬新だった。パチスロ「史上初の3色7とハイスペックが繰り出す高い連チャン性」~4号機名機伝説~ 『エニィセブンA』編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.91】の画像3 なお、「黄7」は右リールだけに配された絵柄だが、「3色の7絵柄」を搭載したのは、この本作が史上初である。

 スペックは、ボーナスの連続性を重視しBR両ボーナスをバランスよく配分した確率設計が特徴。設定3ですでに機械割が101%をマークするなど、当時の4号機Aタイプ機でもトップクラスの甘さを誇った。パチスロ「史上初の3色7とハイスペックが繰り出す高い連チャン性」~4号機名機伝説~ 『エニィセブンA』編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.91】の画像4 当時、自分はパチスロ必勝ガイドで本作の記事担当だったのだが、導入直後のホールで初実戦を行ったところ、「ハイスペックの実力を遺憾なく発揮!!」と言わんばかりの連打が炸裂。

 まぁ、7枚交換の導入直後ゆえの高設定であることは間違いないのだが、それにしても50ゲーム以内の連チャン率が36.7%とは、あまりに強烈すぎた。

パチスロ「史上初の3色7とハイスペックが繰り出す高い連チャン性」~4号機名機伝説~ 『エニィセブンA』編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.91】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合