NEW

JRA武豊×超大物ジュタロウの圧勝劇に危険信号!? カフェファラオ上回る歴代2位の好タイムは「G1級」の証か、「泥濘」への第一歩か

【この記事のキーワード】, ,
JRA武豊×超大物ジュタロウの圧勝劇に危険信号!? カフェファラオ上回る歴代2位の好タイムは「G1級」の証か、「泥濘」への第一歩かの画像1
武豊騎手

「ゲートで落ち着いたし、2番手を取れたところで勝負ありでしたね」

 先月30日、東京6Rに行われた3歳1勝クラス(ダート1600m)は、2番人気のジュタロウ(牡3歳、栗東・河内洋厩舎)が前走9着から巻き返して待望の2勝目を挙げた。

 手綱を執った武豊騎手のコメント通り、ゲートを出ると抜群の行きっぷりで好位2番手に。1000m通過58秒1の速い流れになったが、残り2ハロン過ぎで抜け出すと、最後まで脚色が衰えず、終わってみれば後続に4馬身差つける圧勝劇だった。

 勝ち時計の1分34秒8は、東京ダート1600mの3歳戦において歴代2位の好タイム。ちなみに3位はフェブラリーS(G1)2連覇中のカフェファラオが持つ1分34秒9、4位は2018年のJRA最優秀ダートホース・ルヴァンスレーヴの1分35秒0で、共に6月のユニコーンS(G3)で記録されたものだ。

武豊騎手が「ケンタッキーダービーへ」と訴えた大器

 

 ジュタロウは元々、昨年11月の新馬戦で2着馬に2秒4の大差をつける衝撃のデビューを果たしており、鞍上の武豊騎手が「ケンタッキーダービー(米G1)に行きたい」と陣営に訴えかけたほどの逸材である。

 その初戦よりも体重を減らしていたことが、近2走で精細を欠いた理由の1つとしてあったかもしれない。この馬の潜在能力を考えると、馬体が8キロ戻った今回は、これくらいは走れて当然だったか。

 管理する河内師も「ひと息入れて状態はいい、少しずつ成長してきている」と話しており、次は来月19日のユニコーンSを目標にすると発表済みだ。その走りに大きな注目が集まることは間違いないだろう。

 そんなジュタロウだが、先述の通りカフェファラオやルヴァンスレーヴのタイムを上回ったことは喜ばしい。だが、歴代1位の記録保持者であるスマッシャーが、近走で凡走続きなのは、やや気になる点かもしれない。

 現4歳でマジェスティックウォリアー産駒のスマッシャーは、昨年1月の未勝利戦と続く1勝クラスを連勝。端午S(OP)3着を挟んでユニコーンSに出走すると、中団から脚を伸ばして3歳歴代ナンバーワンの時計である1分34秒4で快勝している。

 しかし、カフェファラオやルヴァンスレーヴの記録を更新したにもかかわらず、簡単にG1のタイトル奪取とまではいかないのが競馬の難しいところだ。

 次走のジャパンダートダービー(G1)こそ1着とタイム差なしの4着に好走したものの、休養を挟んで出走したグリーンチャンネルC(L)から前走の名古屋城S(OP)まで、4戦連続で勝ち馬から1秒以上離された大敗を喫している。

JRA武豊×超大物ジュタロウの圧勝劇に危険信号!? カフェファラオ上回る歴代2位の好タイムは「G1級」の証か、「泥濘」への第一歩かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合