NEW

パチスロ名機が軽くなっても大盤振る舞い!右打ち中は大当りの「半分が約2000発」の激アツ!!

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ名機が軽くなっても大盤振る舞い!右打ち中は大当りの「半分が約2000発」の激アツ!!の画像1

パチスロ名機のパチンコシリーズ「ライトミドルでも大盤振る舞い!

 規定による最大の獲得枚数711枚が1Gで連チャンしていく。かつてない出玉性能で爆発的な人気を誇った『パチスロ吉宗』。すさまじいまでの人気を集め、ホールに熱狂を生み出した。

 その『吉宗』を作った大都技研がパチンコに参入し、その第2弾として『吉宗』をパチンコ化した。もちろん、パチスロの爆発力をパチンコにも期待するが、一撃で1万枚も吐き出すような出玉性能を装備するのは当時のパチンコではいろいろ難しい。

 1万枚をパチンコ玉に換算すると50000発になる。当然、スペックの性能を極限まで高める必要があるが、パチンコの場合、そこにフォーカスすると出る時と出ない時の差が非常に激しくなり、その機種が持つ本来の楽しさを体感できないようなケースも多々ある。

 天井やストック、ATなど出玉獲得に多様性のあるパチスロに比べ、「大当り」ひとつしかないパチンコは「当るまで打つ」ハードルやメリットが少ない分、離脱していくファンもパチスロより多くなる。

 このように、その機種本来の楽しさ、面白さを経験できずに終わってしまうパターンも少なくないパチンコだが、そこをカバーするための「兄弟機」という制度が存在する。

シリーズ機全体で『吉宗』の看板をパチンコに根付かせた

 これはパチスロにはない優れた文化である。たとえば先の『吉宗』を例に取ると、RT機やノーマルAタイプの兄弟機を出したとしてパチスロファンは誰も打たないだろう。しかしパチンコは違う。なんならメイン機より甘デジのほうが人気になったりすることもあるのだ。

CR吉宗』も兄弟機をラインナップした。マックスタイプの出玉性能をメインとしながら、ライトミドル・甘デジと2タイプの兄弟機をシリーズ第1弾、第2弾の両方で展開し、シリーズ機全体で『吉宗』の看板をパチンコに根付かせた。

パチスロ名機が軽くなっても大盤振る舞い!右打ち中は大当りの「半分が約2000発」の激アツ!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合