NEW

あの『吉宗』が敵役!? 名物メーカーがリリースした「悪が主役」の異色作!

【この記事のキーワード】,
あの『吉宗』が敵役!? 名物メーカーがリリースした「悪が主役」の異色作!の画像1
豊丸産業公式HPより

 時代劇でもヒーロー戦隊モノでも、共通しているのは「勧善懲悪」です。でもその逆もあるのですが、見覚えありますか? 今回は、そんな「悪が主役」のパチンコ機を紹介いたします。

 話は2011年までさかのぼります。この年を代表する機種は、『CRびっくりぱちんこ銭形平次withチームZ』(京楽産業.)でした。そんな大ヒットマシンの陰で、あの世界を代表するメーカー「豊丸産業」からデジパチ『CR悪代官』シリーズが発表されました。

敵役として水戸黄門の他に八代将軍も登場

あの『吉宗』が敵役!? 名物メーカーがリリースした「悪が主役」の異色作!の画像2

 この『悪代官』ですが、元々は2002年にプレイステーション2のゲームソフトです。悪代官である「腹黒主水之助助兵衛(はらぐろもんどのすけすけべえ)」が、遠山の金さんや水戸黄門などの正義の味方を倒していくゲームです。このパチンコ機では、敵役として水戸黄門の他に八代将軍・徳川吉宗も登場していました。

 ゲーム性ですが、大変メチャクチャに仕上がっていました。特に「最終決戦リーチ」では、豊丸産業の機種『CRローズテイル』からフューチャーした【のばらロボ】が登場します。悪代官はこの【のばらロボ】に搭乗し、巨大化した正義の味方と対決するのです。

 正義の味方の描き方ですが、水戸黄門は問題ないのです。八代将軍においては、言葉では言い表せないくらいに良い意味で酷く描かれているのです。なので、リーチ中は笑いが止まらなかったのですね。確か八代将軍は、鼻水で攻撃していたと思います(笑)。

 時代劇をベースにしていますので、ちょっとしたお色気のシーンも取り込んでいました。過去の豊丸産業の機種でも取り入れている「コスプレチャンス」や、町娘の帯をくるくる回す「帯回しリーチ」、くの一をくすぐって悶絶させる「くの一取り調べリーチ」などがありました。

あの『吉宗』が敵役!? 名物メーカーがリリースした「悪が主役」の異色作!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合