NEW

皐月賞→NHKマイルC→日本ダービー「マツクニローテ」は本当に“悪”だったのか。武豊とタニノギムレットの悲劇から20年、「変則三冠」という死語について考える

JRA松田国英「マツクニローテ」は本当に悪だったのか。武豊とタニノギムレットの悲劇から20年、「変則三冠」という死語について考えるの画像1

 かつて競馬界には「変則三冠」という言葉があった。

 この言葉の“主役”は独創的なローテーションと、スパルタ調教で知られた名伯楽・松田国英元調教師であり、「マツクニローテ」と言われればピンとくる競馬ファンも多いかもしれない(ただし、一般的にマツクニローテはNHKマイルC→日本ダービーを指す)。

 皐月賞(G1)からNHKマイルC(G1)、そして日本ダービー(G1)へと続く過酷なローテーション。ゆえに、批判的な見解を持ったファンや識者も少なくはない。

 中2週でG1を3連戦。外厩が発達し、レース間隔の長期化が進む昨今の日本競馬では考えられないローテーションだ。時代に逆行した使い方であり、「変則三冠」という言葉が死語になるのも至極当然だろう。

 ただし、これが「悪」とされ、誰も真似しなくなったのは、1頭の競走馬の影響が極めて大きい。

 今からちょうど20年前に変則三冠ローテを敢行し、ダービー馬に輝いたタニノギムレットだ。手掛けたのは無論、松田国調教師である。

変則三冠ローテを駆け抜けたタニノギムレット

 

 64年ぶりに牝馬で日本ダービー制覇を成し遂げたウオッカの父としても知られるタニノギムレットは、2002年のクラシックのまさに主役だった。皐月賞までに重賞を3連勝し、大本命としてクラシック開幕を迎えたが、主戦の武豊騎手が負傷した影響で四位洋文騎手(現調教師)が代打を務めた。

 結果は3着。だが、レースは四位騎手が安全に乗り過ぎたこともあって4コーナーで大外を回り、上がり3ハロン最速で追い上げたものの脚を余すという「負けてなお強し」という競馬。陣営が次戦に選んだのはクラシック第2戦の日本ダービーではなく、NHKマイルCだった。

 主戦の武豊騎手が復帰したこともあって、単勝1.5倍の大本命に推されたタニノギムレット。不完全燃焼に終わった皐月賞のリベンジが期待されたが、最後の直線で進路をカットされる痛恨の不利を受けてまたも3着。それも審議対象馬が1位入線のテレグノシスということもあって、レース後の審議は約20分に及んだ。

 ただ、仮にもしテレグノシスが失格・降着になったとしても、繰り上がり優勝は被害馬のタニノギムレットではなく、2位入線のアグネスソニックである。タニノギムレット陣営としては、なんともやりきれない状況だったが審議の結果、入線順位は変わらず。再び、不完全燃焼となった悔しさを胸に、陣営は日本ダービーへ舵を切った。

皐月賞→NHKマイルC→日本ダービー「マツクニローテ」は本当に“悪”だったのか。武豊とタニノギムレットの悲劇から20年、「変則三冠」という死語について考えるのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  5. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  6. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA宝塚記念(G1)兄弟対決に割って入るのは「父親」の超人気薄!? 非根幹距離巧者と狙う3度目の正直