NEW

JRA【NHKマイルC(G1)予想】福永祐一セリフォス、横山典弘マテンロウオリオンは余裕の切り! 実績より評価が低い穴馬を狙って荒れる一戦を制す

JRA【NHKマイルC(G1)予想】福永祐一セリフォス、横山典弘マテンロウオリオンは余裕の切り! 実績より評価が低い穴馬を狙って荒れる一戦を制すの画像1

 今回は3歳マイル王決定戦、NHKマイルC(G1)を予想していく。

 まずはいつものように、過去10年馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていきたい。
ニュージーランドT 5頭
皐月賞、桜花賞、アーリントンC 各4頭
ファルコンS 3頭
弥生賞、スプリングS、毎日杯 各2頭
京成杯、フラワーC、アネモネS(OP)、橘S(OP) 各1頭
となっている。ニュージーランドT(G2)については、数こそ最多ではあるがここ3年は馬券に絡んでいないので注意が必要だ。同じトライアルなら近年はアーリントンC(G3)やステップレースのファルコンS(G3)の方が成績がいい。あと、前走桜花賞組も侮れない。大敗していてもここで巻き返すケースがあるので、実力の見極めがキモになるだろう。

 続いて人気順の成績を見てみる。
1番人気 3-1-1-5
2番人気 3-2-1-4
3番人気 1-1-0-8
4~6番人気 1-2-2-25
7~9番人気 1-1-3-25
10番人気以下 1-3-3-83
となっている。1番人気もそれなりに信用できるが、2番人気の方がより信頼度が高い。対して3番人気以下9番人気まではなかなか信用しづらい。注目は10番人気以下で、7頭が馬券に絡む健闘ぶり。人気薄の馬も吟味して取捨する必要がありそうだ。


 これを踏まえて「◎」はいきなり穴っぽいところで8番アルーリングウェイとする。

 前走は桜花賞(G1)。終始4番手の位置から直線に入るも、不利を受けたこともあり伸びきれず8着に敗れている。

 同じ位置取りだったナムラクレアが3着に入っているが、この桜花賞は4着以下10着までがハナ差からアタマ差の大激戦で、この馬も着順こそ8着だが、着差はわずか0.2秒。直線で不利を受けたことも勘案すると大健闘している。

 また、3走前の万両賞(1勝クラス)では、今回参戦しているシンザン記念(G3)の勝ち馬マテンロウオリオンとタイム差なしの2着と好走しているあたり、重賞級の実力の持ち主であることは確かだろう。

 東京コースは初挑戦となるが、左回りの中京で勝利しているなどコースに関して不安はない。陣営も左回りに替わることはいい方に捉えているようで、前走の着順で人気を落としているようだが、ローテーション的に考えても、ここでは主役級の扱いにしてもいいくらいだ。


 続く「○」は人気どころではあるが11番インダストリアを推す。

 前走は弥生賞(G2)。前残り展開で、直線上がり最速の脚で追い込んでくるも届かず5着だった。

 新馬、未勝利戦と1800mを使われているあたり、当初からクラシックを意識していたのだろうが、弥生賞で権利が取れなかったので、すっぱり諦めてこちらに矛先を変えた。2走前はマイル戦で休み明けながらも2馬身半差で完勝していることから、マイル戦で通用するのは確か。

 陣営も1週前追い切りで状態が上がってきていることを示唆しており、エンジンのかかりが遅いだけに直線の長い東京は歓迎としている。昨年は同じローテーションでシュネルマイスターが戴冠していることを考えると、割引材料もなく素直に押さえたいところ。

JRA【NHKマイルC(G1)予想】福永祐一セリフォス、横山典弘マテンロウオリオンは余裕の切り! 実績より評価が低い穴馬を狙って荒れる一戦を制すのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合