NEW

JRA【ヴィクトリアマイル(G1)展望】ソダシVSデアリングタクトVSレイパパレVSレシステンシア! 新女王君臨へ「4強」の激突は近年屈指の好カード!

【この記事のキーワード】, ,
JRA【ヴィクトリアマイル(G1)展望】ソダシVSデアリングタクトVSレイパパレVSレシステンシア! 新女王君臨へ「4強」の激突は近年屈指の好カード!の画像1
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 15日、東京競馬場では春の女王決定戦、第17回ヴィクトリアマイル(G1)が行われる。昨年の覇者グランアレグリアはすでにターフを去ったが、今年はG1馬5頭がエントリー。近年屈指の熱戦となりそうだ。

 過去16回の勝ち馬を年齢別で見ると、4歳馬8勝、5歳馬6勝と拮抗し、6歳馬と7歳馬は1勝ずつ(どちらもストレイトガール)。今年もやはり、成長途上の4歳馬と歴戦の5歳馬による争いとなるだろう。

 4歳世代の代表格は、やはりソダシ(牝4歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 デビューから連勝街道を歩み、昨年4月に無傷の5連勝で桜花賞(G1)を制覇。阪神JF(G1)に次ぐG1・2勝目を飾った。その後は札幌記念(G2)で距離を克服し、ラヴズオンリーユーを破る金星を挙げたが、その前のオークス(G1)は8着、秋華賞(G1)でも10着と、脆さも見せていた。

 秋華賞で惨敗した後はダートに挑戦。昨年12月のチャンピオンズC(G1)はいいところなく12着に敗れたが、前走のフェブラリーS(G1)では復調を印象付ける3着に好走した。

 前走の走りで芝・ダート問わず、1600m、特にコース形態がワンターンなら一線級と渡り合えることを証明した。もう一つの課題とされる精神面での成長が大きなカギとなるだろう。

 以前、本記事でも紹介したが、元JRA騎手の田原成貴氏がソダシの“乙女心”を独自の視点で分析。札幌記念の頃から少しずつ「走りたくない」ことを訴えていたという。

 同氏は、ソダシに「走るのは楽しい」と思わせることが重要と説いていた。フェブラリーS好走から3か月、繊細な乙女心は「走りたい」方向に傾いているのか。

 秋華賞以来の芝コース、8着に敗れたオークス以来の東京コースで、完全復活を果たせるか。純白の馬体に熱視線が注がれる。

JRA【ヴィクトリアマイル(G1)展望】ソダシVSデアリングタクトVSレイパパレVSレシステンシア! 新女王君臨へ「4強」の激突は近年屈指の好カード!の画像2
デアリングタクト

 5歳世代の代表格はもちろんデアリングタクト(牝5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)だ。

 2年前に史上初の無敗での牝馬三冠を達成すると、歴史的一戦となったジャパンC(G1)ではアーモンドアイとコントレイルに次ぐ3着に善戦。古馬になってから更なる活躍も期待された。ところが、4歳初戦の金鯱賞(G2)でギベオンに足をすくわれ2着に敗れると、QE2世C(G1)は3着。初黒星からまさかの3連敗を喫した。

 その後は右前脚の繋靱帯炎が判明し、長期休養に入っていたデアリングタクト。リハビリ期間を終えて、栗東に戻ってきたのは4月中旬。脚元に負担がかかりすぎないよう、陣営は慎重に調教を進めてきた。

 ようやく女王としての風格を漂わせたのは2週前追い切りのときだ。デビューから手綱を取り続ける松山弘平騎手を背に、栗東CWで6ハロン79秒9-ラスト11秒8の好時計をマークした。松山騎手は「まだ歩幅が小さい感じ」と辛めの採点だったが、翌週の1週前追い切り後には「先週より素軽くなり、この馬らしさを取り戻しています」と、『スポニチ』の取材に答えており、気配・動きは明らかに良化している。

 約1年1か月のブランク明け、かつ好メンバーがそろった一戦を勝つのは決して容易ではないだろう。それでも、無敗の三冠牝馬として意地を見せられるか。その走りに注目が集まる。

 そのデアリングタクトと初めて顔を合わせるのが、“幻の秋華賞馬”とも評された同世代のレイパパレ(牝5歳、栗東・高野友和厩舎)だ。

 3歳時に3戦3勝で秋華賞にエントリーするも4/6の抽選に漏れ、挑戦権を得られなかった。それでもレイパパレは、秋華賞当日の3勝クラスを好時計で圧勝。「抽選を突破していれば……」という声があちこちで上がっていた。そんな「夢の対決」がようやく実現する。

 長期離脱していた三冠牝馬とは対照的にレイパパレは4歳以降、数多の強豪牡馬たちとぶつかり合ってきた。大輪の花を咲かせたのは昨年の大阪杯(G1)で、コントレイルとグランアレグリアを撃破し、新女王に名乗りを上げている。

 その後は勝利こそないが、中距離路線で大崩れすることなく、好走してきた。前走の大阪杯ではゴール前でポタジェに交わされて連覇を逃したが、改めてその能力を示した。

 前走後は昨年3着の宝塚記念(G1)参戦という選択肢もあるなか、ヴィクトリアマイルを選択。約2年ぶりとなる1600m戦で1年1か月ぶりの勝利を狙う。

 管理する高野師は「(1600mは)馬の気質に合っていると思います。前進気勢を生かす競馬ができれば」と、『中日スポーツ』の取材に答えているように、前走から2ハロン短縮には不安はない様子。むしろ中距離で強いられてきた“我慢”が一気に解放されたときの爆発力に期待が高まる。

 5歳世代からは、さらに2頭のG1ウイナーが出走を予定している。

JRA【ヴィクトリアマイル(G1)展望】ソダシVSデアリングタクトVSレイパパレVSレシステンシア! 新女王君臨へ「4強」の激突は近年屈指の好カード!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール