NEW

パチンコ「100%ST×右半分MAX大当り」の秀逸スペック! ライトミドル界で天下を狙った初代マシン!!

【この記事のキーワード】,

パチンコ「100%ST×右半分MAX大当り」の秀逸スペック! ライトミドル界で天下を狙った初代マシン!!の画像1

イルミネーションの発祥は織田信長!?

 久しぶりに行動制限のないゴールデンウィークとあって、観光地や行楽地に多くの人が集まり、各地で大きな賑わいを見せた。

 そんな観光客を夜まで引き止めるアイデアにイルミネーションなどが用いられたりするが…このイルミネーションという概念を日本ではじめて実行したのは、かの織田信長らしい。

 信長の居城であった安土城の天守閣や城内に提灯を吊るし、周りには馬や船に松明を配置するなどして城とその周辺を光でまとい、逆に城下の明かりはすべて消させて闇夜のなかに光り輝く安土城を浮かび上がらせたという。織田信長は意外に女性のようなロマンチックな一面を持っていたようである。

 その織田信長を実際に女性にした創作物がある。『織田信奈の野望』。ライトノベルとしてシリーズ累計部数100万部以上となる人気作品でアニメ化などのメディアミックスも盛んに行われている。

『織田信奈の野望』がパチンコ化

 そして2016年、満を持してパチンコのタイアップマシンが登場した。それが『CR織田信奈の野望』である。スペックは大当り確率が1/199.8のライトミドルタイプ。確変突入率は100%のSTで、打ちやすさを押し出した機種となっている。

 ただ、STは100%となっているが、ヘソ当り時の10%で電サポが付与されない振り分けが存在。ここの引き当てると「比叡山モード」という潜確モードに移行。電サポは発動しないが、高確率状態なので規定回数となる70回転までは必ず打ち切る必要がある。

 このように潜伏のリスクは多少あるが、初当りから25%で最大出玉となる16ラウンド約1440発を獲得できるようになっているし、右打ち中は半分が16ラウンドでST継続率は約70%と充分な出玉感、連チャン力を装備している。

 第2弾『CR織田信奈の野望II』はミドル機となったが、シリーズ3作目となる『P織田信奈の野望 全国版』ではライトミドル&100%RUSH突入のゲーム性に回帰。さらに遊タイムを搭載するなど、シリーズが進むごとにスペック性能の優秀さに磨きがかけられている。

 スペックでいえば、初代には2つの甘デジタイプを用意。大当り確率が1/89.9の『GL』とさらに遊びやすくした大当り確率1/66.94の『GL66』で、前者は50回転、後者は40回転のSTを搭載。突入率はどちらも100%になる。

 部下の裏切りにより天下統一寸前でこの世を去った織田信長だが、パチンコ『織田信奈の野望』は何代にもわたりその魂を継承し、天下を狙える人気シリーズとなったのである。

(文=大森町男)
<著者プロフィール>
 羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

【注目記事】
パチンコ「我慢の末に6750発」…役物マシンで大暴れの完璧な一日!!
パチスロ新台「シリーズ屈指の出玉感」は6号機でも健在! ノーマルタイプの代名詞が増産パネルで再臨!
パチスロ「○○G」が特にアツい!? 話題作の知っておきたい狙い目をご紹介

パチンコ「100%ST×右半分MAX大当り」の秀逸スペック! ライトミドル界で天下を狙った初代マシン!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合