NEW

パチンコ「夜の街もパチンコの世界も激変──とあるパチンコ素人による昭和60年のパチンコ風景・前編」【アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.002】

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ「夜の街もパチンコの世界も激変──とあるパチンコ素人による昭和60年のパチンコ風景・前編」【アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.002】の画像1

 万年ダメ虎と言われ続けていた阪神タイガースが21年ぶりのリーグ優勝、そして38年ぶり(2リーグ制になって初)の日本一を勝ち獲った昭和60(1985)年。

 夏に20回目の誕生日を迎え、晴れてオトナの仲間入りを果たしたものの、相変わらず気持ちは十代半ばのロック少年のままだった自分は、前年に組んだバンドで大阪のライヴハウスを舞台に、音楽活動にいそしんでいた。

 自主制作したシングルレコードが音楽専門誌に取り上げられ高評価を得たことで、ライヴの動員も増えた。音楽活動においては、ぼんやりと…だが、確かな未来を感じていた。

 が、いまよりもずっと景気がよかった時代とはいえ、音楽だけでメシが喰えるほどオトナの世界は甘くはなかった。なので、ふだんは何かしらのアルバイトをして、活動資金などを稼がなければならなかった。

パチンコ「夜の街もパチンコの世界も激変──とあるパチンコ素人による昭和60年のパチンコ風景・前編」【アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.002】の画像2

 この年の春頃、ミナミは心斎橋の鰻谷あたりにあった、小さなアクセサリー工房でアルバイトをしていた。

 ちょい年上のオネーサンたちに混じって同年代の男子が二人いたのだが、彼らは揃いも揃って、大のパチンコ好きだった。

「昨日、○○○○で3回、終了(打ち止め)したわ」
「まじで!! すごいやん!!」
「今日、○○の○○○○が新装らしいで」
「ほな、帰りに行こうか」

 作業中、そんな話をずっと耳にしているものだから、パチンコには興味のなかったこちらとしても、給料日あとで懐に余裕のある時などは、「ほな、ちょっと付き合おうか…」と気持ちが動いたものである。

パチンコ「夜の街もパチンコの世界も激変──とあるパチンコ素人による昭和60年のパチンコ風景・前編」【アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.002】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合