NEW

JRA「436万」でも楽々WIN5ゲット!? 史上稀にみる珍記録誕生、「母の日」だからこそ起きた奇跡的決着

【この記事のキーワード】, ,
JRA「436万」でも楽々WIN5ゲット!? 史上稀にみる珍記録誕生、「母の日」だからこそ起きた奇跡的決着の画像1
撮影:Ruriko.I

 世間では、いわゆる「母の日」でもあった5月8日。

 プロ野球などのスポーツ界では、「母の日」を連想させる“ピンク”色のアイテムを身に纏う姿が見られたこの日、中央競馬のWIN5でも“ピンク”色に関連する驚きの珍記録が生まれた。

 WIN5とは、JRAが指定する5つのレースそれぞれで1着になると思う馬を選び、5レース全ての1着馬を当てる馬券のこと。この日、対象となったのは中京、新潟、東京で開催された5レースである。

 1つ目の中京10R橘S(L)では、デビューから2連勝のケイアイオメガ、前走のファルコンS(G3)で4着と善戦したデヴィルズマーブル、メンバー唯一のオープン勝ち経験があるカジュフェイスが3強を形成するなか、8枠10番ウインマーベルが波乱の幕開けとなる勝利を挙げた。

 2つ目の東京10RメトロポリタンS(L)は、最後の直線で抜け出した3頭が激しい叩き合いを繰り広げ、3着までがタイム差なしの「ハナ差+ハナ差」の大接戦。写真判定の末、わずかに8枠9番ヴァイスメテオールが制し、またしても1レース目と同じ8枠のピンク帽子が勝利を収めた。

 続く3つ目は、新潟11Rのハンデ重賞・新潟大賞典(G3)。新潟で4戦4勝のアイコンテーラーや昨年のエリザベス女王杯(G1)で2着に好走したステラリアなどの4歳牝馬が人気を集めるなか、トップハンデを背負った8枠14番レッドガランが新潟の長い直線での追い比べを制し、ここまで3戦連続して8枠の勝利となった。

「母の日」だからこそ起きた奇跡的決着

 この時点で、「今日はやけに8枠のピンク帽子がよく来るなぁ」と気付いた方競馬ファンも少なくなかったかもしれないが後の祭り。

 WIN5が始まった2011年4月から早11年経つが、これまで計600回を超える長い歴史の中でも、対象5レース全てで同枠決着となった例は過去に一度もない。ましてや「母の日」に限って全てが8枠の“ピンク”同士の決着など、想像できた猛者はいただろうか。

 そんな奇跡の珍記録まであと2戦を残し、迎えた4つ目の中京11R鞍馬S(L)では、6番人気までが単勝オッズ10倍以下にひしめく大混戦。最後の直線では奇跡のバトンを託されたピンク帽子の8枠16番ダディーズビビッドが外から懸命に追い上げるも、惜しくも2着に敗れてしまう。

「これで1戦目から続いた8枠の“ピンク帽子”決着もついに途切れたか…」と思いきや、ふと勝ち馬の名に目をやれば、馬名に“ピンク”の文字が入る「シゲルピンクルビー」の名前が……、8枠ばかりに注目していると気付けない盲点でもあった。

 そして5つ目の最終関門となった東京11RのNHKマイルC(G1)は、必然的に川田将雅騎手の8枠18番ダノンスコーピオンに注目が集まるなか、外からメンバー最速の上がりで驚異の追い込みをみせたマテンロウオリオンを何とかクビ差凌いでの勝利。“空気を読んだ”見事な勝利といえるだろう。

 対象5レース全てで1番人気馬は敗退し、「5番人気-2番人気-7番人気-3番人気-4番人気」と波乱の決着となったこの日のWIN5は約436万円の高配当へと繋がった。

 WIN5の歴史を覆す全てが8枠の“ピンク帽子”決着とはならなかったものの、奇跡的にも「母の日」に “ピンク”色に関連する馬での決着に、ネットの掲示板やSNSなどでは、気付いたファンの間でちょっとした話題となっていた。

 仮にこの“ピンク”決着を予想できていたなら、400万オーバーの大金をゲットできたかもしれないが、さすがにこれは難易度が高過ぎる話か……。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
 ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

JRA「436万」でも楽々WIN5ゲット!? 史上稀にみる珍記録誕生、「母の日」だからこそ起きた奇跡的決着のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合