NEW

元JRA藤田伸二氏ヴィクトリアマイル「攻略のヒント」も大サービス!? ダノンスコーピオン「◎」ズバリのNHKマイルCを解説、セリフォス失速のワケも

元JRA藤田伸二氏ヴィクトリアマイル「攻略のヒント」も大サービス!? ダノンスコーピオン「◎」ズバリのNHKマイルCを解説、セリフォス失速のワケもの画像1
ダノンスコーピオン 撮影:Ruriko.I

 8日に行われたNHKマイルC(G1)は、中団の外めを進んだ4番人気ダノンスコーピオンが勝利。2着に3番人気のマテンロウオリオン、3着には18番人気のカワキタレブリーがそれぞれ後方から追い込み、三連単は153万円を超える波乱となった。

 ダノンスコーピオンは前哨戦のアーリントンC(G3)を快勝し、朝日杯FS(G1)でもドウデュースやセリフォスと好勝負を演じていた馬。よくよく考えれば4番人気は不当な評価だったといえるだろう。

 ダノンスコーピオンが過小評価を受けた理由は主に2つ。東京で行われた共同通信杯(G3)で7着に沈んでいたことと、大外8枠18番からの発走だったことが大きかったのではないだろうか。筆者も大外枠を嫌って、同馬の評価を下げた一人だ。

 そんなダノンスコーピオンに自信の「◎」を打った人物がいる。JRAで通算1918勝を挙げた元騎手の藤田伸二氏だ。本記事でも取り上げたが、藤田氏はカワキタレブリーを軽視していたため、馬券こそ外したが、ダノンスコーピオンを本命に抜擢していた。

 その藤田氏はレース翌日の9日夜に自身のYouTubeチャンネルで生配信を敢行。「NHKマイルカップ 回顧&雑談」と題した動画で、ダノンスコーピオンを本命に推した理由などを惜しげもなく語っている。

 詳細はぜひアーカイブ化された本動画をご覧いただきたいが、「ダノンが勝ってくれてしてやったり」と笑顔で語り始めた藤田氏。「なぜ将雅(川田騎手)の馬を本命にしたか」と、早速その根拠を明かし始めた。

 藤田氏が最大の理由に挙げたのが「大外枠であったこと」だという。逆に「将雅がもし内枠に入っていれば、本命にしていなかった」と断言。「(内枠なら)ごちゃついたり、(揉まれて)スムーズな競馬ができない」可能性があったことに言及した。

 そのうえで、大外なら「内の出方を見ながらポジション取りができる。一番スムーズにレース運びができる枠だった」と、ダノンスコーピオンを本命視した理由は枠順が大きかったことを明かした。

ダノンスコーピオン「◎」ズバリのNHKマイルCを解説

「実際のレースも藤田氏の思惑通り、ダノンスコーピオンが大外枠から無理なくいいポジションを取れました。この日はやや外伸び馬場だったこともありますが、上位3頭はいずれも直線で外を通ってきた馬。藤田氏がそこまで読み切っていたかはわかりませんが、結果的に18番枠がプラスに出たのは間違いありません」(競馬誌ライター)

 その後、話題は他の馬に移り、道中は後方を進んだジャングロなども取り上げた。ジャングロ、マテンロウオリオン、カワキタレブリーの“出遅れ”は、一見変哲もない同じような“出遅れ”に見えるが、騎手視点からは全く異なるという。これに関しては動画内で細かく解説している。

元JRA藤田伸二氏ヴィクトリアマイル「攻略のヒント」も大サービス!? ダノンスコーピオン「◎」ズバリのNHKマイルCを解説、セリフォス失速のワケものページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  3. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  4. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  5. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  6. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  7. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  8. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  10. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!