NEW

JRAあの大物でさえ「秒」で消し!? ソダシやレイパパレも戦々恐々、春競馬で共通していた「買ってはいけない馬」の条件

【この記事のキーワード】, ,
JRAヴィクトリアマイル(G1)デアリングタクトは「秒」で消し!? 100万超えも2回の荒れ放題、春競馬で共通していた「買ってはいけない馬」の条件の画像1
ダノンスコーピオン 撮影:Ruriko.I

 今週もまた波乱の決着となるのか。

 先週末のNHKマイルC(G1)は、4番人気ダノンスコーピオンが勝利。1番人気セリフォスが4着に敗れ、3着に18頭中最低人気だったカワキタレブリーが食い込む大波乱の結末に終わった。

 3連単の払戻はなんと153万2370円のお宝配当。17番人気キルロードが3着に入り、278万4560円だった3月の高松宮記念(G1)に続く100万超えとなった。

 振り返ってみると、今春のG1レースは「荒れ放題」といっていい。

 先述の高松宮記念からNHKマイルCまで6度のG1が行われたが、1番人気に支持された馬は6連敗。2番人気で勝利した天皇賞・春のタイトルホルダーが最高人気で、残りは8番人気が2勝で4、5、7番人気が1勝ずつという有様だ。

 さすがにここまで波乱が続くと、どこから予想を組み立てればいいのやらという気持ちになるものの、少なくとも人気を裏切った馬については、ある程度の共通点も見つかった。

春競馬で共通していた「買ってはいけない馬」の条件

 最初にいえることは、当然ながら1番人気が未勝利であること。こちらについては2月のフェブラリーS(G1)にも当てはまる。このレースを含めると、今年のG1で1番人気は7戦未勝利。引き続き気にしておきたいデータだろう。

 次にいえることは、前走から休み明けでG1に直行している馬の凡走だ。高松宮記念のレシステンシア(香港スプリント)、大阪杯のエフフォーリア(有馬記念)、NHKマイルCのセリフォス(朝日杯フューチュリティS)は、いずれも今年初戦がG1だった。1番人気、且つ休み明けなら、「悪い意味」での信頼度が高くなる。

JRAヴィクトリアマイル(G1)デアリングタクトは「秒」で消し!? 100万超えも2回の荒れ放題、春競馬で共通していた「買ってはいけない馬」の条件の画像2
デアリングタクト

 そこで、例年以上に豪華メンバーが集まり、ハイレベルの激戦が期待される今年のヴィクトリアマイル(G1)にこれらを当てはめてみると、秒で消せそうなのがデアリングタクトだ。

 ただでさえ、休み明けの馬が勝てない流れの上に昨年4月のクイーンエリザベス2世S(香港・G1)を3着に敗れた後、右前肢繋靱帯炎を発症して休養。史上初の牝馬三冠を達成した名牝とはいえ、1年1ヶ月ぶりの戦線復帰だけに厳しいか。

 これに対し、「危険な1番人気馬」についてはまだまだ分からない。

『netkeiba.com』が公開しているヴィクトリアマイルの単勝予想オッズを確認したところ、10日現在で1番人気にソダシ、2番人気レイパパレ、3番人気デアリングタクト、4番人気ソングラインの4頭が4倍台で拮抗する人気。白毛のアイドル・ソダシとダノンスコーピオンで勝利した川田将雅騎手がコンビを組むレイパパレが一歩リードしている。

 ただ、現時点ではどの馬が最終的な1番人気に支持されるかは不鮮明。狙っている馬がもしも1番人気になるようなら、思わぬ凡走もあるかもしれない。

 あくまでこれは結果論のため、あっさりと記録が途絶える可能性も十分に考えられるとはいえ、さすがにここまで続くと気になるところだ。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRAあの大物でさえ「秒」で消し!? ソダシやレイパパレも戦々恐々、春競馬で共通していた「買ってはいけない馬」の条件のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  3. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  4. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  5. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  6. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  7. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  8. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  10. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!