NEW

JRA「重賞15連敗」横山武史に意識の変化!? 背中で語る父の「大胆騎乗」も刺激か…レシステンシアと挑む崖っぷちからの脱出

【この記事のキーワード】, ,
JRA「重賞15連敗」横山武史に意識の変化!? 背中で語る父の「大胆騎乗」も刺激か…レシステンシアと挑むリベンジで崖っぷちからの脱出に挑むの画像1
レシステンシア 撮影:Ruriko.I

 15日、東京競馬場では第17回ヴィクトリアマイル(G1)が行われる。

 無敗の三冠牝馬や、芝マイルG1で2勝を挙げる白毛のスターホースなど、G1馬が5頭も参戦を表明している豪華な一戦。ここに高松宮記念(G1)と同じタッグで挑むのが、横山武史騎手とレシステンシア(牝5歳、栗東・松下武士厩舎)だ。

 昨年のこのレースで6着と敗れた後、秋以降はスプリント路線に照準を合わせ、セントウルS(G2)を勝利。スプリンターズS(G1)と香港スプリント(G1)でも2着と好走し、高松宮記念では単勝2.2倍の1番人気に推された。

 しかし、初コンビとなった横山武史騎手の積極的な騎乗に応えて終始先頭でレースを進めるも、残り200mを過ぎたあたりで後続につかまってしまう。結果的には差し決着を呼び込む形となり、6着という悔しい敗戦を喫した。

 期待を大きく裏切ってしまったこともあり、鞍上は批判の的となる。悔しい形で春のG1戦線の開幕戦を終えると、続く大阪杯(G1)では単勝1.5倍のエフフォーリアで9着惨敗。翌週の桜花賞(G1)でも単勝3.2倍のナミュールで10着と、1番人気の馬でよもやの3連敗。競馬ファンからの風当たりはさらに強くなった。

 3月のチューリップ賞(G2)を勝って以降、現在のところJRAの重賞は15連敗中。昨年はG1で5勝を挙げるなどセンセーショナルな活躍が目立っただけに、今年の戦いぶりが不振と見られるのは仕方がないことかもしれない。

レシステンシアと挑む崖っぷちからの脱出

 トンネルの出口を探してもがき苦しむ日々が続く中、悩める男を刺激したのが家族の活躍だ。

JRA「重賞15連敗」横山武史に意識の変化!? 背中で語る父の「大胆騎乗」も刺激か…レシステンシアと挑むリベンジで崖っぷちからの脱出に挑むの画像2
横山和生騎手 撮影:Ruriko.I

 兄の横山和生騎手は、タイトルホルダーとのコンビで天皇賞・春を制覇。馬の特性を掴み、積極果敢な逃げ切りでディープボンドに7馬身差をつける圧勝劇。嬉しいG1初勝利を挙げた。

 そして先週は、父の横山典弘騎手が東京で大暴れ。8日の湘南S(3勝クラス)では1番人気のジャスティンカフェで道中15番手から虎視眈々と進めると、最後は上がり32秒9という異次元の末脚で見事な差し切り勝ち。好メンバーが揃った中、2着に3馬身差をつける完勝は観客の度肝を抜いた。

 さらにメインレースのNHKマイルC(G1)でも、3番人気のマテンロウオリオンとともに腹を括った後方待機。大丈夫なのかという不安を与えながら、最後は大外から33秒5の脚を使ってゴール前強襲。惜しくも勝ち馬にはクビ差届かなかったが、強心臓ぶりを発揮して見せ場を作った。

 すると、その直後の最終レース。2番人気のクリーンスレイトに騎乗した横山武騎手は、最後方でじっと構える父さながらの騎乗を披露。道中は16番手とダート戦では絶望的な位置にも見えたが、最後は大外から上がり最速34秒7の豪脚を繰り出し、1番人気のアナンシエーションを差し切る快勝に導いた。

JRA「重賞15連敗」横山武史に意識の変化!? 背中で語る父の「大胆騎乗」も刺激か…レシステンシアと挑む崖っぷちからの脱出のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  3. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  4. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  5. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  6. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  7. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  8. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  10. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!