NEW

JRA今村聖奈2日連続Vで新人王へ名乗り! 古川奈穂と2人で作る「女性騎手・新時代」…大躍進を支える「超強力バックアップ」の存在

【この記事のキーワード】, , ,
JRA今村聖奈2日連続Vで新人王へ名乗り! 古川奈穂と2人で作る「女性騎手・新時代」…大躍進を支える「超強力バックアップ」の存在の画像1
今村聖奈騎手

 春G1の激戦が続く競馬界。今週末はヴィクトリアマイル、来週はオークスと牝馬限定のビッグレースが2週にわたって行われる。乙女たちの熱戦に期待が高まるが、その一方でターフを彩る女性騎手たちもまた奮闘をみせている。

 中でも特に活躍が目立つのが、ルーキーの今村聖奈騎手である。先週末は新潟競馬場で騎乗し、土日で1勝ずつを挙げる活躍を見せた。

 今村騎手はデビューした3月に4勝を挙げてスタートダッシュに成功したものの、4月は一転して勝利から遠ざかる悔しい結果に。上位騎手がひしめく阪神開催で結果を残すのは難しかったようだが、それでも最終日の先月30日には、7鞍の騎乗で3度馬券内に食い込む奮闘もあった。今週から新潟開催へ参戦し、阪神で苦しみながらも地道に磨いた実力がローカル開催で一気に爆発した形だ。

 2日連続の勝利で今季はこれで合計6勝、角田大河騎手と並ぶ新人トップタイに浮上した。この調子で勝ち星を積み重ねていけば、女性初となる最多勝利新人騎手の受賞にも期待ができそうだ。

JRA今村聖奈2日連続Vで新人王へ名乗り! 古川奈穂と2人で作る「女性騎手・新時代」…大躍進を支える「超強力バックアップ」の存在の画像2
古川奈穂騎手

 新人である今村騎手の活躍に負けじと、2年目の古川奈穂騎手にも飛躍の予感がある。勝ち星こそ4勝に留まっているが、87回の騎乗で複勝率は驚異の24.1%を記録。この数字は騎手全体の中でも30位の好成績であり、池添謙一騎手や石橋脩騎手といったG1での騎乗も多い先輩騎手に匹敵している。

 特筆すべきは、古川奈騎手の騎乗のほとんどが中京・阪神開催に集中している点だ。ローカル開催での騎乗は福島での3鞍のみであり、西のメイン開催で先輩騎手に揉まれながらも高い複勝率をマークしているのは実力の証である。最近では忘れな草賞(L)やスイートピーS(L)といった大舞台へ繋がる重要なレースでの騎乗機会も得ており、着実にステップアップをしている印象だ。

 着々と成績を伸ばしている2人の女性騎手。この躍進は当人たちの努力の成果であることはもちろんだが、たとえ騎乗技術が向上したとしても馬質に恵まれなければ、結果を残すのは難しい。実はこの2人の躍進を支える要因として「超強力バックアップ」の存在が挙げられる。

 今村騎手にはエージェントとして、競馬ブックの小原靖博氏がついている。トップジョッキーである福永祐一騎手を支える敏腕エージェントである小原氏の手厚いサポートが、今村騎手の好成績を支えている側面は大きい。

 実際に、同じく小原氏がエージェントを務める岩田望来騎手はデビュー初年度から37勝を挙げる活躍。2年目はリーディング9位、3年目は6位につけ、今年は現時点でリーディング2位につけ、4年目とは思えない大活躍をみせている。2月の京都牝馬S(G3)を勝利するまでは「重賞97連敗」を喫していたが、それでも平場では馬質にも恵まれ、着実に勝利を積み重ねてきた。これは小原氏のサポートがあってこその結果であろう。

 また、最近では福永騎手が騎乗できない場合の代役として、有力馬に岩田望騎手が騎乗するケースも散見する。「チーム小原」の一員である今村騎手も、順調に力をつけていけば、ビッグレースで有力馬に騎乗するチャンスも巡ってくるはずだ。

古川奈穂と2人で作る「女性騎手・新時代」

 一方で古川奈騎手の大きな支えとなっているのが、師匠である矢作芳人師の存在。古川奈騎手は今季の騎乗の半数以上が所属先である矢作厩舎の馬であり、名門厩舎のバックアップを基に、先述した好成績を収めているといえる。

 また、昨年に古川奈騎手が怪我で休養をしていた際には、矢作師に帯同する形でフランスやアメリカへ渡った。騎乗馬の手配だけではなく、世界を知る矢作師による「英才教育」も古川奈騎手にとって大きな糧となっているはずだ。

 実際に同様の「英才教育」を施された兄弟子の坂井瑠星騎手は、先日ドバイにて海外重賞初制覇。今季はリーディング10位につけており、着実に力を伸ばしている。国内外で活躍をみせる兄弟子のように、古川奈騎手にもスケールの大きな活躍が期待できそうだ。

「強力バックアップ」を受けて堅実に成長を遂げる今村騎手と古川奈騎手。2人が今後も活躍を続けていけば、藤田菜七子騎手や永島まなみ騎手、まだ見ぬ未来の女性騎手たちも触発されていくはずだ。新進気鋭の2人が引っ張る「女性騎手・新時代」の行く末に注目したい。

(文=エビせんべい佐藤)

<著者プロフィール>

 98年生まれの現役大学院生。競馬好きの父の影響を受け、幼いころから某有名血統予想家の本を読んで育った。幸か不幸か、進学先の近くに競馬場があり、勉強そっちのけで競馬に没頭。当然のごとく留年した。現在は心を入れ替え、勉強も競馬も全力投球。いつの日か馬を買うのが夢。

JRA今村聖奈2日連続Vで新人王へ名乗り! 古川奈穂と2人で作る「女性騎手・新時代」…大躍進を支える「超強力バックアップ」の存在のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  4. JRA武豊ウォーターナビレラ&桜花賞馬スターズオンアースは余裕の消し! 「7年前の異常」が攻略のカギ【オークス(G1)予想】
  5. JRA「牝馬の福永祐一」はもはや死語!? M.デムーロでも戸崎圭太でも池添謙一でもない、オークス(G1)で狙うべきは“あのジョッキー”
  6. JRA「桜花賞組を狙えばOK」は時代遅れ!? オークス(G1)「3年連続」波乱を呼び込む馬たちの「共通点」とは
  7. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  8. 「川田が選んだ」で過信禁物!? アートハウスが過大評価と言えるワケ
  9. JRA「重賞30連敗」C.ルメールに5大クラシック8枠完全制覇の呪い…桜花賞馬スターズオンアース騎乗でチャンス到来も泣きっ面にハチ
  10. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!