NEW

JRAヴィクトリアマイル(G1)メイケイエールに「なぜ出ないの?」の声…秋を見据えた陣営の狙いに池添謙一を巡る「女の戦い」勃発か

【この記事のキーワード】, ,
JRAヴィクトリアマイル(G1)メイケイエールに「なぜ出ないの?」の声…秋を見据えた陣営の狙いに池添謙一を巡る「女の戦い」勃発かの画像1
メイケイエール 撮影:Ruriko.I

 14日、東京競馬場で行われる京王杯SC(G2)に、競馬界屈指のお転婆娘・メイケイエール(牝4歳、栗東・武英智厩舎)が出走を予定している。古馬になってからは、落ち着きつつあり、前走の高松宮記念(G1)では5着に好走して見せた。1400mに距離を延長する走りに注目が集まっている。

 一方でネット上には「なぜ(同週の)ヴィクトリアマイル(G1)に出走しないのか」といった声も散見している。1月にシルクロードS(G3)を制した際も、「今ならマイルもこなせそう」といったファンの声があり、翌日にマイルのG1がありながら、京王杯SCへの出走を残念に感じる声が挙がるのも無理はない。

 事実、3歳時にはメイケイエールはマイル戦を中心に使われており、折り合いを欠きつつもチューリップ賞(G2)を制した実績もある。強過ぎる前進気勢が災いして昨夏以降は短距離路線を歩んでいるが、池添謙一騎手とタッグを組んだ近3戦では気性面の課題も改善しており、今ならマイル戦もこなせそうに思える。

 今回のレース選択について陣営は、『東京スポーツ』の取材に「夏場を休みに充てたいことと、秋の始動戦を考えて、東京競馬場も経験させたい」と話している。この理屈ならば、同じく府中が舞台のヴィクトリアMを選択してもよさそう。

 とはいえ、「馬混みで我慢できるようになってきているので、慎重に1400メートル、1600メートルと延ばしていけたら」とも話しており、マイル戦を見据えつつも、まずは1400mからという陣営の慎重な選択の意図が伝わってくる。それでも、近年でも屈指の好メンバーが集まったヴィクトリアマイルでメイケイエールが見たかった…というファンも多いだろう。

池添謙一を巡る「女の戦い」勃発か

 しかし、仮にメイケイエールがヴィクトリアマイルに出走していた場合、大きな問題が生じていた可能性がある。

JRAヴィクトリアマイル(G1)メイケイエールに「なぜ出ないの?」の声…秋を見据えた陣営の狙いに池添謙一を巡る「女の戦い」勃発かの画像2
ソングライン 撮影:Ruriko.I

 メイケイエールが力を発揮するために池添騎手は欠かせない存在であるが、今回のヴィクトリアマイルには同じく池添騎手を主戦とする有力馬・ソングラインも出走予定。そうなると池添騎手がバッティングしてしまうことになる。

 メイケイエールにとっては、頼みである池添騎手が騎乗できないことは死活問題といってもいい。

 今回は京王杯SCを選択したために問題は起こらなかったが、秋以降にマイルへの再挑戦を目指す場合には、ソングラインとの激突による、鞍上の確保が大きな問題となる可能性がある。

 一方でソングラインの側からすれば、メイケイエールは深い「因縁」のある相手。昨年の桜花賞(G1)ではメイケイエールの斜行の影響を受けて大敗を喫した。後のNHKマイルC(G1)でシュネルマイスターとハナ差の2着に好走した実力を考えれば、桜花賞もスムーズならば勝ち負けができたかもしれない。

 その「因縁」の相手と、今度は鞍上を巡って衝突する可能性が出てきた。ソングラインとしても、主戦騎手をメイケイエールに奪われることは本意ではないだろう。

 両者が激突する時、それぞれの主戦を務める池添騎手はどちらをパートナーとして選ぶのだろうか。今週末の直接対決は避けられたが、鞍上を巡る戦いの「第一ラウンド」ともいえるだろう。因縁深い2頭の「女の戦い」の行方に注目だ。

(文=エビせんべい佐藤)

<著者プロフィール>

 98年生まれの現役大学院生。競馬好きの父の影響を受け、幼いころから某有名血統予想家の本を読んで育った。幸か不幸か、進学先の近くに競馬場があり、勉強そっちのけで競馬に没頭。当然のごとく留年した。現在は心を入れ替え、勉強も競馬も全力投球。いつの日か馬を買うのが夢。

JRAヴィクトリアマイル(G1)メイケイエールに「なぜ出ないの?」の声…秋を見据えた陣営の狙いに池添謙一を巡る「女の戦い」勃発かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  4. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!
  5. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  6. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  7. JRAオークス。武豊ウォーターナビレラに400mの壁?桜花賞馬スターズオンアース、川田アートハウス、横山武史ナミュールを上回る意外な本命穴馬!
  8. JRA「1番人気連敗」ワースト記録は必然!? アーモンドアイ、コントレイル、グランアレグリア、クロノジェネシスらが築いた「最強時代」の反動とは
  9. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  10. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償