NEW

JRAヴィクトリアマイル(G1)ソダシ、レイパパレ相手でも「フロック扱い」は大間違い!? 「過小評価」の実力派が狙うG1級の特注馬は見逃し厳禁

JRA若手の「ダークホース」が証明したG1級のポテンシャル! 100万馬券の使者となるか、ヴィクトリアマイル(G1)「フロック扱い厳禁」の特注馬を発見の画像1

 乗れている若手騎手といわれて思い浮かぶ騎手は何人かいる。今年の全国騎手リーディングでいえば、先週の京都新聞杯(G2)で重賞2勝目を挙げた岩田望来や、天皇賞・春(G1)で初G1勝利を手に入れた横山和生騎手などが目につく。

 昨年ブレイクした横山武史は有力馬の揃った今春のG1戦線で、思うように結果を残せていないものの、それでも3位に名を連ねている。他にも坂井瑠星や菅原明良などが、注目の若手騎手といえるだろう。

 だが、彼らが好成績を残していることを重々承知の上で、馬質のビハインドがありながら、期待以上の快進撃を演じている鮫島克駿騎手に注目したい。

 先述した5名を含めたそれぞれの騎乗馬の平均人気は、トップの横山武騎手が3.6番人気で最下位が菅原明騎手と鮫島駿騎手の2人が6.4番人気で並び、平均着順は前者が7.0着に対し後者が6.7着と上回る。

 しかし、両者の決定的な違いは別のところにある。

 単勝回収率70%、平均単勝オッズ39.5倍の菅原明騎手に対し、鮫島駿騎手のそれは124%で47.0倍と凌駕する。単純な馬券的妙味を考慮しても、“美味しい配当”をもたらしてくれる、ファンにとって有難い存在といえるだろう。

JRA若手の「ダークホース」が証明したG1級のポテンシャル! 100万馬券の使者となるか、ヴィクトリアマイル(G1)「フロック扱い厳禁」の特注馬を発見の画像2
鮫島克駿騎手 撮影:Ruriko.I

 鮫島駿騎手の魅力は、何といってもその親切丁寧なレース後のコメントだ。

 我々ファンにとって、期待した馬の騎手がどういう意図で騎乗をしていたのかなど、非常に興味深い情報だが、コメント拒否をしたり、素っ気ない内容だったり、中にはまるでポエムのような表現も見受けられる。

 その点、鮫島駿騎手の場合は、どういう作戦で騎乗して、何が足りなかったのかなどを、しっかりと言葉にして説明してくれるため、納得できるものが多いのが特徴といえる。

「一日馬場を見ていた感触で、道中はインを通ることを選択しました。直線では上位3頭に迫る脚を使っています。天皇賞・秋(G1)もそうでしたが、強い相手に頑張っていながらその一角を崩せないのは私の技術不足です。馬は良い走りをしています」

 例えばこれは、コントレイルがラストランを勝利で飾った昨年のジャパンC(G1)でのコメントだが、このとき鮫島駿騎手がコンビを組んだのは人気薄のサンレイポケット。10番人気で4着に好走したにもかかわらず、自らの技術不足と言い切った謙虚な姿勢は、ファンの間でも話題となった。

ヴィクトリアマイル(G1)「フロック扱い厳禁」の特注馬を発見

 そんな鮫島駿騎手が、「次のステップへ無事に向かえればと思います」と手応えを掴んでいるのが、今週末のヴィクトリアマイル(G1)で騎乗を予定しているメイショウミモザ(牝5、栗東・池添兼雄厩舎)である。前走の阪神牝馬S(G2)を9番人気で制した穴馬だ。

『netkeiba.com』が公開しているヴィクトリアマイルの単勝予想オッズによると、11日現在で14番人気の超人気薄。馬券圏内に食い込むようなら、かなりの好配当が見込めるに違いない。

 ここまでノーマークとなっている理由に、芝1200mを中心に使われてきたことや、前走が初重賞勝ちだったことがあるだろう。大方の見方でも「フロック扱い」されているといっていい。

 その一方で、好走の可能性も十分にあるのも確かだ。

JRAヴィクトリアマイル(G1)ソダシ、レイパパレ相手でも「フロック扱い」は大間違い!? 「過小評価」の実力派が狙うG1級の特注馬は見逃し厳禁のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  3. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  4. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  5. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  6. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  7. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  8. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  10. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!