NEW

JRA日本ダービー(G1)武豊「批判覚悟」の布石でドウデュース逆襲必至!? ジオグリフ、イクイノックス、ダノンベルーガ皐月賞「5強」で唯一マイナス評価だったのは?

【この記事のキーワード】, ,
JRA日本ダービー(G1)武豊「批判覚悟」の布石でドウデュース逆襲必至!? ジオグリフ、イクイノックス、ダノンベルーガ皐月賞「5強」で唯一マイナス評価だったのは?の画像1
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 11日、昨年の2歳王者ドウデュースが、今月末の日本ダービー(G1)へ向けた2週前追い切りを敢行。栗東のCウッドで行われた併せ馬で軽快な動きを見せると、見守った友道康夫調教師も「元気一杯でいい感じ」と手応えを口にしている。

 またこの日、皐月賞(G1)を制したジオグリフが、放牧先のノーザンファーム天栄から帰厩。同2着のイクイノックスも近日中の帰厩が予定されているなど、いよいよ頂上決戦に向けて各馬が本格的に動き出している。

 3歳牡馬クラシック第2戦というだけでなく、ホースマンにとっての「夢」とさえ語られる日本ダービー。来たる競馬の祭典に向け今一度、3歳牡馬たちの勢力図を確認しておきたい。

 皐月賞後ここまで青葉賞(G2)、京都新聞杯(G2)、プリンシパルS(L)と3つの前哨戦が行われ、新たなダービー候補たちが名乗りを上げたものの、本番で人気を集めそうな馬はいない。今年も中心は、皐月賞組だ。

 また、今年の皐月賞は6番人気のアスクビクターモアまでが単勝オッズ10倍を切る、史上稀に見る上位拮抗だった。その結果、上位5着までを6番人気以内の馬が独占。「上位陣の壁は極めて高い」と言っても過言ではないだろう。

 今回は、皐月賞で掲示板を確保した「5強」にスポットを当てたい。

皐月賞で蒔いた「種」がダービーで花開く武豊のマジック

 

JRA日本ダービー(G1)武豊「批判覚悟」の布石でドウデュース逆襲必至!? ジオグリフ、イクイノックス、ダノンベルーガ皐月賞「5強」で唯一マイナス評価だったのは?の画像2
ジオグリフ

・ジオグリフ(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)
 皐月賞を制し、世代の中心に躍り出たジオグリフにとって、最大のポイントは400mの距離延長にあると言われている。父のドレフォンがダートの短距離で活躍していたことが主な理由だが、その父Gio Ponti、母父Ghostzapperは中距離馬。母方に流れるノーザンテースト、サンデーサイレンス、キングカメハメハというラインは底力十分で、日本ダービーのような大舞台はむしろ歓迎。府中2400mはベストでなくとも、大きく割り引く必要もないはずだ。

 一方で、本馬が抱える最大の課題はノド鳴りだ。ここまでの実戦で目立った兆候は現れていないが、もし呼吸にトラブルが発生すれば2400mは致命的な距離になりかねない。ここ10年すべて良馬場で行われている日本ダービーだが、極端に空気が乾燥した状況は避けたいところだ。


・イクイノックス(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)
 ジオグリフにとって、最大のライバルは身内にいる。昨年11月以来の実戦となった皐月賞では、同厩のライバルに敗れたが、ジオグリフの鞍上・福永祐一騎手が完璧にマークした。東京スポーツ杯2歳S(G2)で見せたパフォーマンス、一度叩かれた上積みを考慮しても、日本ダービーの1番人気はこの馬になるだろう。

 中山から東京に替わる明確なアドバンテージはあるものの、問題は皐月賞からどこまで上積みがあるかだ。外厩が発達し、次々と最長間隔記録が塗り替えられている昨今。その中でも、本馬が調整しているノーザンファーム天栄は最高峰の実績を誇っている。逆に言えば、皐月賞も決して悪い仕上がりではなかった。状態面の上積みを過剰に期待するのは危険かもしれない。

 もう1つは、やはりC.ルメール騎手の復調が待たれる点だ。具体的に何が悪いという点はないものの、ここまでJRAの重賞を未勝利であることは本人も気にし始めている様子。本番までに連敗にピリオドを打っておきたいところだ。


・ドウデュース(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)
 皐月賞では、1番人気に支持されたものの3着。レース後には元JRA騎手の安藤勝己氏が「それにしても後ろからすぎた」(Twitter)と苦言を呈すなど、主戦の武豊騎手の判断が疑問視された。

 確かに武豊騎手は以前から、皐月賞で後方からレースして届かずという競馬を繰り返している印象だが、その一方でスペシャルウィークやアドマイヤベガなどは、日本ダービーできっちり巻き返している。皐月賞で蒔いた種がダービーで花開くのは、ダービー史上最多の5勝を誇る武豊騎手の1つのパターンといえるだろう。上がり3ハロン最速だった末脚が府中で輝くか。

 ただ、皐月賞のような競馬を繰り返すと、いくら直線の長い東京でも届かない可能性が高まってくる。武豊騎手が前回日本ダービーを勝ったのは2013年のキズナだが、後方14番手から差し切るという豪快なレースだった。当時はエピファネイアを半馬身捉えて「神騎乗」と絶賛されたが、今年のドウデュースが届くとは限らない。毎年、絶好の馬場コンディションで行われている日本ダービーだが、基本的には先行有利だ。

JRA日本ダービー(G1)武豊「批判覚悟」の布石でドウデュース逆襲必至!? ジオグリフ、イクイノックス、ダノンベルーガ皐月賞「5強」で唯一マイナス評価だったのは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  2. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  3. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  4. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  5. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!
  6. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  7. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  8. JRAオークス。武豊ウォーターナビレラに400mの壁?桜花賞馬スターズオンアース、川田アートハウス、横山武史ナミュールを上回る意外な本命穴馬!
  9. JRA「1番人気連敗」ワースト記録は必然!? アーモンドアイ、コントレイル、グランアレグリア、クロノジェネシスらが築いた「最強時代」の反動とは
  10. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償