NEW

ちょっと変わったパチンコ店…「内装・外装」で集客!?

【この記事のキーワード】, ,

ちょっと変わったパチンコ店…「内装・外装」で集客!?の画像1

内装や外装で集客させたちょっと変わったパチンコ店?

 私の過去の記事で、過激なサービスについて紹介しました。読んでいただいた皆さんならば、「そんなサービスがあったかもしれない」と感じていただいたと思います。

 今回はそこまではいかないかもしれませんが、内装や外装で集客させたちょっと変わったパチンコ店の実例をご紹介します。

 まずは、2020年まで営業していた都内G店です。大型ターミナル駅にほぼ隣接した店舗ですが、お店のメイン入口近くで店員さんがずっと踊って集客していました。一部の業界関係者の皆さんならば、この件をご存じの方もいらっしゃるはずです。

 1人の店員さんが法被を着て、扇子をひたすら回して踊っていました。その場面が強烈な印象として残っています。もちろん適度に交代していると思いますが。

 お立ち台みたいなところで踊っていたので目立ちました。ちなみに、同店内の店員さんは法被を着ていなかったのです。またこのG店の系列ですが、同じように踊っての集客活動は行なっていませんでした。

「祭りホール」をテーマにした営業を展開

 次に南関東のR店ですが、こちらは「祭りホール」をテーマにした営業を展開していました。1994年に開店しましたが、某攻略雑誌も取材に来たほどです。店内もお祭りの装飾が施されており、店員さんも全員がねじり鉢巻きに法被でした。

 極めつけが、店内放送もお祭りの曲を流していたほどです。この頃はまだあおりマイクを使っていて、同店では「ワッショイ!ワッショイ!」と合間に入れて雰囲気を出していましたが…。

 約1年後には店内の装飾も近隣店舗とほぼ同じモノに変わってしまいました。また店員さんの衣装が、法被からTシャツにGパンというラフな格好へ変わり、残念ながら数年後に閉店してしまったのです。

ちょっと変わったパチンコ店…「内装・外装」で集客!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合