NEW

JRAシャフリヤール、タイトルホルダーら挑戦も凱旋門賞「不要論」再燃……年々広がる武豊らホースマンの悲願と、ファン心理との「乖離」とは

【この記事のキーワード】, ,
JRAシャフリヤール、タイトルホルダーら挑戦も凱旋門賞「不要論」再燃……年々広がる武豊らホースマンの悲願と、ファン心理との「乖離」とはの画像1
競馬つらつらより

 12日、JRA(日本中央競馬会)が今秋10月2日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)に、日本馬7頭が登録したことを発表した。

 日本競馬の悲願とさえいわれる世界最高峰の一戦に挑戦の意思を示したのは、昨年のダービー馬シャフリヤール(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)、天皇賞・春(G1)を制したタイトルホルダー(牡4歳、美浦・栗田徹厩舎)、海外重賞2連勝中のステイフーリッシュ(牡7歳、栗東・矢作芳人厩舎)……。

 昨年も凱旋門賞に挑戦したディープボンド(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎)、昨年の2歳王者ドウデュース(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)、ドバイターフ(G1)を勝ったパンサラッサ(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎)、昨年の宝塚記念(G1)で2着したユニコーンライオン(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)の7頭。

 いずれもG1実績のある強豪で、昨年今年の活躍ぶりを見ても日本競馬屈指のラインナップといえるだろう。無論、例えばタイトルホルダーの陣営が「宝塚記念(G1)の結果次第」と話している通り、全馬が出走確定というわけではないが、この秋はついに日本競馬の悲願が達成されるかもしれない。大きな期待を抱いていいメンバーといえる。

 だが、その一方で悲観的な声も聞こえてくるようだ。

凱旋門賞に挑む「意味」はあるのか?

 

「今回の7頭の発表はネット上でも大きな反響がありましたが、中には『凱旋門賞に行って欲しくない』という声も……。

過去の凱旋門賞で日本の名馬たちが敗戦の山を築き上げてきたことは、多くの競馬ファンも知るところですし、シャフリヤールやタイトルホルダー、ドウデュースといったところは、現在の看板的なスターホース。それらが秋は国内で見られないかもしれないことに反対する声も小さくないですね」(競馬ライター)

 また、過去には今春の大阪杯(G1)で14着に大敗したマカヒキや、同世代の菊花賞馬サトノダイヤモンドのように、凱旋門賞へ遠征したことで調子を崩してしまう馬も少なくない。

 一時的なコンディション不良だけなら休養すれば復帰できるが、馬が自信を無くしたり、欧州の深い馬場を走ったことで本来の走りができなくなったりするケースもあった。一部のファンとはいえ、自分たちが応援している馬を心配するのは自然な心理かもしれない。

 そして、もう1つ年々声が大きくなっているのが「そもそも出走する必要があるのか」という、凱旋門賞挑戦の不要論だ。

JRAシャフリヤール、タイトルホルダーら挑戦も凱旋門賞「不要論」再燃……年々広がる武豊らホースマンの悲願と、ファン心理との「乖離」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  2. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  3. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  4. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  5. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!
  6. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  7. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  8. JRAオークス。武豊ウォーターナビレラに400mの壁?桜花賞馬スターズオンアース、川田アートハウス、横山武史ナミュールを上回る意外な本命穴馬!
  9. JRA「1番人気連敗」ワースト記録は必然!? アーモンドアイ、コントレイル、グランアレグリア、クロノジェネシスらが築いた「最強時代」の反動とは
  10. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償