NEW

JRAヴィクトリアマイル(G1)の法則で「10番人気以下」の激走必至!? ソダシ、デアリングタクト、レイパパレら「大物食い」が期待できる伏兵2頭とは

【この記事のキーワード】, ,

JRAヴィクトリアマイル(G1)の法則で「10番人気以下」の激走必至!? ソダシ、デアリングタクト、レイパパレら「大物食い」が期待できる伏兵2頭とはの画像1

 今春、幾度となく起こるG1戦線での波乱決着を、一体誰が予測できただろうか。

 先月の大阪杯(G1)では、絶対的存在と思われたエフフォーリアが単勝1.5倍の断然人気を裏切る9着に敗れ、3連単の配当は50万超えの大波乱となった。

 また、高松宮記念(G1)では17番人気のキルロードが、先週のNHKマイルC(G1)では18番人気のカワキタレブリーがいずれも3着に入り、それぞれ3連単で278万馬券や153万馬券が飛び出す驚愕の結末。「こんな穴馬、総流しでないと拾えないよ……」と多くの競馬ファンが頭を抱えたはずだ。

 そんな波乱が続く春G1の最中、15日には東京競馬場でヴィクトリアマイル(G1)が行われる。

ヴィクトリアMとエリ女の不思議な関係

 

 今年の出走メンバーを見渡すと、「白毛のアイドル」として知られる昨年の桜花賞馬ソダシや、怪我による長期離脱から1年ぶりに復帰する3冠牝馬デアリングタクト、昨年の大阪杯の勝ち馬で今年も2着に好走したレイパパレなどG1馬5頭を含む、いずれも“主役”級の錚々たるメンバーが顔を揃えた。

 さすがに、今週は有力馬たちの実績を鑑みても下位人気との格の違いは明白で、波乱が起こる確率は極めて低そうにも映る。

 しかし、ヴィクトリアマイルが2006年に創設されて以降、古馬にとってもう一つの牝馬限定G1競走であるエリザベス女王杯(G1)との関係性を紐解くと、必ずしもそうだとは言い切れない「とある法則」が存在する。

 それは「エリザベス女王杯で二桁人気馬が3着以内に入ると、翌年のヴィクトリアマイルでは必ず二桁人気馬が3着以内に激走する」という法則だ。該当した例は下記のとおりである。

2005年以降エリザベス女王杯での二桁人気好走馬
2009年 クィーンスプマンテ(11番人気、1着)、テイエムプリキュア(12番人気、2着)
2016年 シングウィズジョイ(12番人気、2着)

翌年のヴィクトリアマイルでの二桁人気好走馬
2010年 ニシノブルームーン(11番人気、3着)
2017年 デンコウアンジュ(11番人気、2着)

 2度あることは3度あるではないが、昨年のエリザベス女王杯では10番人気のアカイイトが勝利したため、過去のジンクスを踏まえて今年のヴィクトリアマイルでも二桁人気馬の激走が期待できるというわけだ。

 さらに、この法則の立役者となったニシノブルームーンとデンコウアンジュは、共に対象となる「前年のエリザベス女王杯に出走して負けていた」という共通点があった。

JRAヴィクトリアマイル(G1)の法則で「10番人気以下」の激走必至!? ソダシ、デアリングタクト、レイパパレら「大物食い」が期待できる伏兵2頭とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  2. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  3. JRA【日本ダービー(G1)予想】川田将雅×ダノンベルーガは迷わず切り! 期待値の高い実績馬の好走で意外な高配当をいただく
  4. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  5. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  6. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは
  7. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  8. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  9. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  10. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!