NEW

パチンコ「遊タイム翌日持ち越し」サービスなどについて言及。大御所ライターのYouTube動画が話題

【この記事のキーワード】,

パチンコ「遊タイム翌日持ち越し」サービスなどについて言及。大御所ライターのYouTube動画が話題の画像1

「遊タイム翌日持ち越し」サービスについて言及

 2019年に内規が改訂されたことで認められたパチンコの遊タイム機能。群馬県のとあるホールでは先日より、その遊タイム搭載機種限定の翌日予約システムを開始し、SNS上で大きな話題を呼んでいる。

 これについて、業界のご意見番であるヒロシ・ヤング氏は主宰するYouTubeチャンネル「ヤングちゃん、寝る」内の動画にて、「昔は結構、多かった」と回想。CR機のフルスペックタイプ全盛期は確変を翌日に持ち越すサービスを行うホールも少なくなかったが、現在は「禁止されている」と説明した。

 一方、遊タイム機能の翌日持ち越しに関しては、「所轄警察署がOKなら問題ないのでは」とはヤング氏。SNS上では「店にメリットがないところがいい」とのコメントもあったそうだが、ヤング氏の見解ではホールとしても夜の稼働が上がり、翌日も朝から客が来てくれる可能性が高まることから「メリットはある」とした。

 ちなみに、翌日予約は22時から22時30分までに申請可能で、予約の有効条件は「22時前に該当台を遊戯していた客」「通常状態であること」「翌朝10時から来店&遊技可能な客」の3点。現状、遊タイムが深い台は20時以降に空き台となるケースが多いが、これによって稼働が上がれば、今後も同システムは「増えるかも」と予想した。

明石家さんま「パチンコ機とタイアップしない」理由についても…

 また、動画内ではお笑いタレント・明石家さんま氏が過去にパチンコ台とのタイアップを断った…というネットニュースについても言及。

 その理由は既に4号機『玉緒でポン』(サミー)などでコラボした中村玉緒氏が「出るとそのタレントのことを好きになるが、出ないとすごく嫌いになる」と発言したからだそうで、これにヤング氏は「(ギャラの良い)パチンコのタイアップは深夜の通販番組と一緒」とし、「一流で仕事に困らない芸能人だけができる判断」と納得した。

 反面、新世紀エヴァンゲリオンや北斗の拳などを例に挙げ、パチンコ・パチスロが持つ影響力の強さも指摘。無論、どちらの作品にも物語自体に魅力があるとはいえ、タイアップ機がきっかけで「再ブレイクした」ことは揺るがぬ事実とした。

 このほか、動画内ではとあるホールのとある機種のシマが「ベニヤ板」化した衝撃画像についてもコメントしている。興味のある方は是非ともご覧いただきたい。

【注目記事】
【パチスロ実戦】北電子は『ジャグラー』だけじゃない‼ インスパイアが盛りだくさんの人気タイアップ作で逆転勝利!?
パチンコ「魅惑の連チャン」を生み出す激熱システム…その人気に火を付けた偉大なる初代を振り返る
【パチスロ5号機回想】巨大パトランプ搭載の秀作沖スロ… RT100G継続で安定感抜群!?

パチンコ「遊タイム翌日持ち越し」サービスなどについて言及。大御所ライターのYouTube動画が話題のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合