NEW

パチスロ初打ちを提案しようとした際に痛感。新規ユーザー獲得のためにも…【濱マモルののほほんコラムVol.148~始めたら始まり~】

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ初打ちを提案しようとした際に痛感。新規ユーザー獲得のためにも…【濱マモルののほほんコラムVol.148~始めたら始まり~】の画像1

「始めたら、そこが始まり」

 諦めたら試合はそこで終わり。とある有名漫画にそんなニュアンスの名セリフがある一方、我が敬愛するアーティストのひとりであるSIONの歌には「始めたら、そこが始まり」といった歌詞がある。

 濱マモル46歳。4月より少林寺拳法の道場に通い始めた。

「お父ちゃんも習ったら?」。きっかけは娘のひと言だった。基本的にスイミングスクールの送迎は嫁さんが担当する代わりに、道場へはアタシが同行。ただポケーっと子供たちの修練を眺めてるのもアレだしなぁと車の中で読書をしていたところ、娘に誘われたというわけだ。

 中学時代には剣道、大学時代にはテコンドーをかじった過去がある。元々武道には興味があるだけに、じゃあやってみるかと意を決して入門。独特な体さばきなどは非常に新鮮で、出欠席自由・遅刻早退OKというスタンスなこともあって、マイペースに楽しんでいる。

 何歳からでも、新たなことを学ぶのは刺激的だ。歌詞の通り「始めたら、そこが始まり」なわけで、まず目指すは白帯からの昇格。歳を取ると一歩目を踏み出すことに躊躇しがちだが、いい汗をかいた後に缶チューハイを流し込むにつけ、しみじみ門を叩いてよかったなぁと感じている。酒がうまい。

新規ユーザー獲得のためにはホールに…

 ところで先日、パチスロを打たない同級生と飲んだ際、ひょんなことから「パチスロって面白いの?」と聞かれた。無論、面白い。個人的には7絵柄を揃えた瞬間が最も興奮するから、手始めに『ハナハナホウオウ~天翔~』あたりを一緒に打ってみるかと提案しようとしたが、ここでふと最近の戦績を思い出して踏みとどまった。

 ふらりと昼からホールへ出向き、2000G程度の消化でボーナス合算出現率130分の1以上の台に着席。序盤こそコンスタントにボーナスを引けたものの夕方手前には失速し、結局、数千円のマイナスで席を立つことが多い。

 初期投資が少ないケースは、まだマシだ。時には初チカまで1万5千円以上を費やすこともあり、となると、ビッグ純増240枚のコイツで捲るのはなかなかに困難。早い話が、このホールの平常営業には高設定がほぼないわけであり、ハナがチカればアガるパブロフの犬と化したアタシならばともかく、これじゃあ初打ちでは楽しめないだろうなぁと危惧したわけである。

 なんだかんだ言っても、パチスロは勝ててこそ。ゲーム性が秀逸なパチスロは多数あるのだから、新規ユーザー獲得のためにはホールにも頑張ってもらいたいなぁと痛感した次第でした。

(文=濱マモル)
〈著者プロフィール〉
 神奈川県横浜市出身。レコード会社勤務の後、フリーライターへ転身。パチンコ・パチスロやギャンブル系を中心に、野球、音楽、街情報など幅広い分野で執筆する。特技は料理と飲酒で、超常現象好き。ドラマーとしての顔も持つ。
Twitter(@hamamamoru777):濱マモル

パチスロ初打ちを提案しようとした際に痛感。新規ユーザー獲得のためにも…【濱マモルののほほんコラムVol.148~始めたら始まり~】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合