NEW

米三冠競走登録の素質馬が、日本ダービー(G1)挑戦!? 「サクラ軍団」のエースがぶっちぎり最下位…ヴィクトリアマイル(G1)警報級大雨で「極悪馬場」の開催も【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

米三冠競走登録の素質馬が、日本ダービー(G1)挑戦!? 「サクラ軍団」のエースがぶっちぎり最下位…ヴィクトリアマイル(G1)警報級大雨で「極悪馬場」の開催も【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

米三冠競走登録の素質馬が、日本ダービー(G1)挑戦!? 「サクラ軍団」のエースがぶっちぎり最下位…ヴィクトリアマイル(G1)警報級大雨で「極悪馬場」の開催も【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像2JRA「サクラ軍団」のエースがぶっちぎり最下位……今年「0勝」で最盛期・年間10億円が650万円に。サクラバクシンオー、サクラローレルらを誇ったエリートがついに崖っぷちか

ライター「A」:1970年頃から90年代まで競馬界を牽引した冠名「サクラ」ことサクラ軍団ですが、近年は低迷が著しい状況です。

デスク「Y」:今でも時々「サクラ」を見るよね。

ライター「A」:先週のメトロポリタンS(L)にもサクラアリュールが出走していましたが、元々ダートで活躍していたこともあって、結果は最下位。ただ、この馬が現在のサクラ軍団の稼ぎ頭のようです。

デスク「Y」:厳しいね……。昔はサクラバクシンオーとか、チトセオーとかローレルとか、それこそ毎年のように活躍馬が出てたんだけどね。

ライター「A」:ウマ娘(『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames))で改めて注目を集めているだけに、ファンも少なくないですからね。

デスク「Y」:そりゃ、プリンスリーギフト系も衰退するわなあ。

ライター「A」:関係あるんですか?

デスク「Y」:昔はスタミナのメジロ、スピードのサクラって言われててね。サクラバクシンオーとか、サクラユタカオーはプリンスリーギフト系の未来を担う種牡馬だったんだよね。でも段々衰退して、今じゃビッグアーサーくらいかなあ。もうほぼほぼ日本でしか見かけない血統だから、絶滅の可能性さえある。

ライター「A」:菊の季節に桜が満開!!

デスク「Y」:サクラスターオーだね。杉本清さん。他にもナリタブライアンの「ナリタ」とか、ビワハヤヒデの「ビワ」とかも見る機会がめっきり減っちゃったね。

ライター「A」:今は一口馬主クラブの全盛の時代ですもんね。あと、冠名を使用する馬主さんが減ってるイメージもあります。

デスク「Y」:確かにね。今の若い競馬ファンからすれば、よく冠名がダサいって声も聞くしね。一方で、自分みたいなオールドファンは、やっぱり冠名あっての競馬なんだよね。ウイニングポスト(コーエーテクモゲームスの人気シリーズ)をプレイする時も、ほぼ冠名つけちゃうもん。

ライター「A」:冠名があると、自分の馬だってわかりやすいですよね。

デスク「Y」:そうそう。おじさん、あまり頭数が増えると把握しきれないから……どれが自分の馬だったかわからなくなっちゃう(笑)。この間「ラーメン」って冠名を語尾に付けてプレイしたんだけど、前にどんなにカッコいい言葉置いても台無しになるのがよかったなあ。ディープラーメンとか、ブラックラーメンとか。

ライター「A」:センスがなさ過ぎて、馬が気の毒だわ……。


米三冠競走登録の素質馬が、日本ダービー(G1)挑戦!? 芝転向でいきなり6馬身差圧勝!世界の矢作が送る「未知の大器」がダービー切符奪取を狙う

ライター「A」:先週の京都新聞杯(G2)に挑戦したミスターホワイトですが、残念ながら11着に敗れてしまいました。

デスク「Y」:いたね。まあまあ人気してなかったっけ?

ライター「A」:6番人気でしたね。この馬、ケンタッキーダービーにも登録していたそうですが、ダートで勝てずに芝へ。初芝だった前走の未勝利戦を6馬身差で快勝していました。

デスク「Y」:ハーツクライ産駒か。そりゃ、ダートより芝だろうね。よくディープインパクト産駒がダートがダメって聞くけど、そういえばハーツクライ産駒のダートの活躍馬っていたっけ? どうしても芝の中長距離ってイメージだけど。

ライター「A」:あまり多くありませんが、代表的なところだとホープフルS(G1)を勝ったタイムフライヤーですかね。

デスク「Y」:ああ、そういえば最近はずっとダートで走ってるよね。何年か前にエルムS(G3)を勝ってたような。

ライター「A」:2020年ですね。他には今年の東海S(G2)を勝ったスワーヴアラミスもハーツクライ産駒ですよ。

デスク「Y」:意外にいるなあ。そういえば、ハーツクライのお母さんのアイリッシュダンスなんだけど、つい最近までずっと武豊騎手が主戦騎手だと思ってた。

ライター「A」:主戦は柴田善臣騎手ですね。武豊騎手は1度だけしか乗ってませんよ。

デスク「Y」:そうそう。それこそ、さっきのサクラ軍団のサクラチトセオーが勝った天皇賞・秋(G1)だったよね? そのレースでアイリッシュダンスに武豊騎手が乗って人気になってたから、妙に覚えてるんだよね。

ライター「A」:ありますねえ、そういうの。オグリキャップも引退レースが凄すぎて武豊騎手のイメージがありますけど、乗ったのは2回だけ。南井克巳騎手や河内洋騎手の方が主戦ですよね。

デスク「Y」:トウカイテイオーの田原成貴さんもそうだよね。

ライター「A」:あれも確か乗ったのは引退レースの有馬記念(G1)と、前年の有馬記念だけ。主戦は安田隆行騎手や岡部幸雄騎手でしたが、どうしても田原騎手の馬っていうイメージが残ってます。

デスク「Y」:まさに美味しいところだけ持って行ったってやつだね。カッコいい~。

米三冠競走登録の素質馬が、日本ダービー(G1)挑戦!? 「サクラ軍団」のエースがぶっちぎり最下位…ヴィクトリアマイル(G1)警報級大雨で「極悪馬場」の開催も【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  3. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  4. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  5. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  6. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  7. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  9. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  10. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠