NEW

JRA【京王杯SC(G2)予想】良血スカイグルーヴ&G1馬ラウダシオンは消し! 馬場の悪化で狙える人気薄をピックアップ!

JRA【京王杯SC(G2)予想】良血スカイグルーヴ&G1馬ラウダシオンを消し!馬場の悪化で狙える人気薄をピックアップで勝ちに行く!の画像1

 今回は安田記念(G1)に向けた重要な前哨戦のひとつ、京王杯SC(G2)を予想していく。

 先週だが、京都新聞杯(G2)は2着、3着に狙った馬が入ってきてくれたのはいいが、1着が切ってしまったアスクワイルドモア。ローテーションは問題なかったのだが、全体的に評価を落としすぎた。予想より人気がなかったので、これなら押さえるべきだった。

 NHKマイルC(G1)はダノンスコーピオンが勝ったのはともかく、2着は切ったマテンロウオリオン、3着はノーマークのカワキタレブリーで3連単153万の大万馬券。マテンロウオリオンは実績と人気が釣り合わないと思ったのだが、素直に評価すべきだったか。カワキタレブリーはローテーション的には買えたが、さすがに買い要素が薄すぎた。

 では、気を取り直して予想に戻ろう。

 まずは過去10年馬券に絡んだ30頭の前走データを見てみる。
高松宮記念 9頭
ダービー卿CT、東京新聞杯 各6頭
マイラーズC 3頭
阪神C、京都牝馬S 各1頭
オープン特別、条件特別(3勝クラス) 各2頭
となっている。本レースが1400mと微妙な距離に設定されていることもあって、スプリントG1からの転戦馬が多い。特にここ3年は顕著に実績が残っており、20年は1~3着を高松宮記念組で独占している。次いで多いのはいずれもマイル重賞なので、安田記念に向けて順当なステップとして参戦していたのだろう。

 続いて人気順の成績を見てみよう。
1番人気 3-0-0-7
2番人気 2-2-3-3
3番人気 1-0-1-8
4~6番人気 3-3-2-22
7~9番人気 0-2-3-25
10番人気以下 1-3-1-63
となっている。1番人気はピンかパー、かつピンが少ないので今ひとつアテにできない。3番人気はさらにアテにできないが、2番人気は十分信用できる。近5年に絞っても昨年を除いてすべて馬券に絡んでいるので、一定以上信用していいだろう。過去10年、毎年必ず4番人気以下の馬が来ており、4番人気と7番人気はその数も多い。頭に置いておいてもいいデータだろう。

 あと、今回気にしたいのは当日の馬場状態。前日1日雨が続き、当日も雨が残る予報。その後晴れ間も少しは出るようだが、良馬場まで回復するかかなり疑問が残る。重馬場適性も加味していきたい。

 これらを踏まえて「◎」は8番シャインガーネットとする。

 前走は高松宮記念(G1)。後方待機策を採って直線で上がってきたものの7着に敗れている。とはいえ、6着レシステンシアとはハナ差、加えて2着から5着まではハナ・クビの際どい勝負。本馬も着差はわすか0.3秒差と好勝負している。

 3歳のファルコンS(G3)で、後のNHKマイルC馬ラウダシオンを破って勝利しているが、その後が鳴かず飛ばず。3走前のオーロC(L)で復調の兆しを見せると、2走前のシルクロードS(G3)でそれを裏付ける2着に入ってみせた。

 短距離路線で負けを繰り返してきたせいで評価を下げている一面はあるだろうが、れっきとした重賞ウィナーであり、本来は2走前のように重賞で好勝負してもおかしくない能力の持ち主。前走はG1の舞台で荷が勝ちすぎていた感はあるが、それでも見た目の着順より好勝負しているところを考えると、ここで一発あってもおかしくない。

 加えて、勝ったファルコンSは重馬場でのもの。前走も重馬場ながらきっちり走っているので、馬場の悪化にも対応できるとみている。


「○」は3番ギルデッドミラーを推す。

 前走はダービー卿CT(G3)。中団より前で競馬を進め、直線でもがんばったが届かず5着に敗れている。

 牝馬限定重賞の常連であり、3走前のターコイズS(G3)で3着、昨年冬の京都牝馬S(G3)で2着など勝ちまで届かないが好走している。3歳時にはNHKマイルCで3着するなど、ポテンシャルの高さは実証済み。

 前走、前々走の着順が案外で、調子を落としている可能性はなきにしもあらずだが、今回は馬場の悪化が味方してくれる可能性がある。上述のターコイズSの3着は稍重、そのほか過去に稍重と重馬場を4走して1勝2着2回と高い適性を示している。切れ味で勝負する馬ではないので、馬場の悪化は歓迎するところ。だからこその「○」なのだ。

JRA【京王杯SC(G2)予想】良血スカイグルーヴ&G1馬ラウダシオンは消し! 馬場の悪化で狙える人気薄をピックアップ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  4. JRA武豊ウォーターナビレラ&桜花賞馬スターズオンアースは余裕の消し! 「7年前の異常」が攻略のカギ【オークス(G1)予想】
  5. JRA「牝馬の福永祐一」はもはや死語!? M.デムーロでも戸崎圭太でも池添謙一でもない、オークス(G1)で狙うべきは“あのジョッキー”
  6. JRA「桜花賞組を狙えばOK」は時代遅れ!? オークス(G1)「3年連続」波乱を呼び込む馬たちの「共通点」とは
  7. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  8. 「川田が選んだ」で過信禁物!? アートハウスが過大評価と言えるワケ
  9. JRA「重賞30連敗」C.ルメールに5大クラシック8枠完全制覇の呪い…桜花賞馬スターズオンアース騎乗でチャンス到来も泣きっ面にハチ
  10. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!