NEW

JRA【ヴィクトリアマイル(G1)予想】デアリングタクト、ソングライン、レシステンシアはまとめて切り! 混戦模様だから拾える「人気薄の実力馬」から高配当を狙う

JRA【ヴィクトリアマイル(G1)予想】デアリングタクト、ソングライン、レシステンシアはまとめて切り! 混戦模様だから拾える「人気薄の実力馬」から高配当を狙うの画像1

 今回は春のマイル女王決定戦、ヴィクトリアマイル(G1)を予想していく。

 まずいつものように過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにしよう。
阪神牝馬S 13頭
大阪杯(G2時代含む)、中山牝馬S 各4頭
高松宮記念、福島牝馬S 各3頭
有馬記念、京都牝馬S、ダービー卿CT 各1頭
となっている。レース間隔がちょうどいいのと同じマイル戦ということで、阪神牝馬S(G2)からの転戦馬が最多。大阪杯からの転戦馬はヴィルシーナを除く3頭がすべてG1馬であり、ヴィルシーナもG1連対実績がある馬だったので、該当馬は要注意か。

 続いて人気順の成績を見てみる。
1番人気 3-2-0-5
2番人気 0-0-1-9
3番人気 0-1-1-8
4~6番人気 4-2-4-20
7~9番人気 2-1-2-25
10番人気以下 1-4-2-80
となっている。1番人気は連対率5割と信用できる数字だが、2番人気と3番人気がとにかく信用できない。実際、近5年でも2番人気と3番人気は馬券に絡んでいない。とにかく伏兵が台頭しやすいレースなので、人気薄の馬を吟味する必要がある。

JRA【ヴィクトリアマイル(G1)予想】デアリングタクト、ソングライン、レシステンシアはまとめて切り! 混戦模様だから拾える「人気薄の実力馬」から高配当を狙うの画像2
マジックキャッスル

 これらを踏まえて「◎」はいきなり穴っぽいが4番マジックキャッスルとする。

 前走は阪神牝馬S。出遅れて後方待機の形になったが、直線で上がり2番目の脚を見せて5着まで入ってきた。昨年夏のクイーンS(G3)で2着に入って以降、大敗続き。前走でやっと入着するまで調子が上向いてきたと言える。

 重賞勝ちそのものは昨年の愛知杯(G3)のみだが、秋華賞(G1)2着を含む2着5回や昨年のこのレースで3着に入るなど、実力は牝馬の中でもトップクラスにある。後ろからの競馬が身上なので、切れる脚を発揮できれば好走している。陣営も終いに懸けるとコメントしており、状態も良さそうなので思い切って本命に推した。

 さらに後押しするデータとして、リピーターの好走がある。

 過去、このレースで連覇を飾った馬も含めて、3着以内に入ったリピーターの好走例が多い。12年1着、13年2着のホエールキャプチャ、13年14年を連覇したヴィルシーナ、14年3着、15年16年を連覇したストレイトガール、17年3着、18年1着のジュールポレール、19年1着、20年3着のノームコアが該当する。

 今回のメンバーで、このデータに該当するのがマジックキャッスル1頭しかいないので、3着以内に好走する可能性は高いと見ている。


 続く「○」は人気の一角だが、13番レイパパレを推す。

 前走は大阪杯(G1)。終始3番手からの競馬で、前が止まったところから直線でよく粘ったが後ろから来た馬に交わされ2着に終わっている。

 過去、本サイトの予想記事で幾度となく実力を低評価してきた本馬。だが、前走、前々走の走りは一定以上の評価をせざるを得ない。前が残る展開、潰れる展開のどちらでもよく粘って2着を確保し、タイムも非常に優秀なものだ。調子を落としていたときとは別馬のようにさえ映る。

 加えて、上で触れた「前走大阪杯の好走条件」に見事該当する。G1を勝った実績を持って前走大阪杯を走り、このレースに臨んでいるので、データ的に好走する可能性は非常に高い。

JRA【ヴィクトリアマイル(G1)予想】デアリングタクト、ソングライン、レシステンシアはまとめて切り! 混戦模様だから拾える「人気薄の実力馬」から高配当を狙うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  2. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  3. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  4. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  5. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!
  6. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  7. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  8. JRAオークス。武豊ウォーターナビレラに400mの壁?桜花賞馬スターズオンアース、川田アートハウス、横山武史ナミュールを上回る意外な本命穴馬!
  9. JRA「1番人気連敗」ワースト記録は必然!? アーモンドアイ、コントレイル、グランアレグリア、クロノジェネシスらが築いた「最強時代」の反動とは
  10. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償