NEW

JRA日本ダービー(G1)「重賞勝ち」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望に

JRA日本ダービー(G1)「重賞馬」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望にの画像1

 先週8日のNHKマイルC(G1)で2着に入ったマテンロウオリオンが、29日に開催される日本ダービー(G1)への参戦を決めたことが分かった。前走に続き横山典弘騎手とのコンビで挑む予定だという。

 管理する昆貢調教師は「東京の1600mであの脚が使えれば、挑戦してもいいでしょう」とコメント。父は短距離を得意とするダイワメジャーだが、祖母にオークス馬のレディパステルを持つ血統でもあるだけに、立ち回り次第では一発もありそうだ。

 なお、収得賞金6200万円を持つ同馬がエントリーを決めたことで、戦前から高いと噂されたダービー出走への賞金ボーダーラインは、さらに上昇することとなった。

 ここで、今年の日本ダービーに参戦が想定される馬の一覧を、収得賞金順にして並べてみたい。

1 優先 ジオグリフ
1 優先 イクイノックス
1 優先 ドウデュース
1 優先 ダノンベルーガ
1 優先 アスクビクターモア
1 優先 プラダリア
1 優先 ロードレゼル
1 優先 セイウンハーデス
9 6200万円 マテンロウオリオン
10 3900万円 キラーアビリティ
11 3700万円 アスクワイルドモア
11 3700万円 ビーアストニッシド
13 2900万円 オニャンコポン
13 2900万円 ピースオブエイト
15 2400万円 マテンロウレオ
16 2300万円 ジャスティンパレス
17 2100万円 デシエルト
——————————————————-
18 2000万円 コマンドライン
18 2000万円 ジャスティンロック
——————————————————-
20 1600万円 ポッドボレット

 現時点では、デシエルトまでがひとまず出走可能。残る1枠を懸けて収得賞金2000万円のコマンドラインとジャスティンロックの2頭が、2分の1の抽選に挑む構図となっている。

 注目すべきは、2頭が共に重賞勝ち馬である点だろう。もし仮に重賞タイトルホースがダービーで除外されるとなると、08年のフサイチアソートなど、極めて稀なケースとなる。今年のダービーはまさに史上最高レベルのボーダーとなりそうだ。

JRA日本ダービー(G1)「重賞馬」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望にの画像2
コマンドライン

 コマンドラインは昨年6月の新馬戦を単勝1.1倍で快勝し、東の一番星に輝いたスターホースである。入線後には場内から拍手が沸き起こり、手綱を務めたC.ルメール騎手も「ダービーまで予約を入れておきます」と語ったほどの器だ。

 ここ2戦は精細を欠いているが、ダービーでは2戦2勝の東京に戻るだけに巻き返しも期待される。管理する国枝栄調教師にとっても悲願の牡馬クラシック初制覇が懸かっているだけに、除外の憂き目だけは避けたいところだろう。

 もちろん、ジャスティンロックも所有する三木正浩オーナーに初の重賞タイトルをもたらしており、三木氏にとっても思い入れの強い馬であることは想像に難くない。だが、このまま行けば2頭のどちらかは檜舞台に立てないことが濃厚となっている。

JRA日本ダービー(G1)「重賞勝ち」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  4. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  5. JRA武豊ウォーターナビレラ&桜花賞馬スターズオンアースは余裕の消し! 「7年前の異常」が攻略のカギ【オークス(G1)予想】
  6. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  7. JRA「牝馬の福永祐一」はもはや死語!? M.デムーロでも戸崎圭太でも池添謙一でもない、オークス(G1)で狙うべきは“あのジョッキー”
  8. JRA「桜花賞組を狙えばOK」は時代遅れ!? オークス(G1)「3年連続」波乱を呼び込む馬たちの「共通点」とは
  9. 「川田が選んだ」で過信禁物!? アートハウスが過大評価と言えるワケ
  10. JRA「重賞30連敗」C.ルメールに5大クラシック8枠完全制覇の呪い…桜花賞馬スターズオンアース騎乗でチャンス到来も泣きっ面にハチ