NEW

JRAレイパパレ川田将雅「切望」問答無用の1着固定! デアリングタクト、ソダシ、レシステンシア「まとめて消し」で万馬券狙い【ヴィクトリアマイル(G1)予想】

【この記事のキーワード】, ,
JRAレイパパレ川田将雅「切望」の東京マイルで問答無用の1着固定! デアリングタクト、ソダシ、レシステンシア「まとめて消し」で万馬券狙い【ヴィクトリアマイル(G1)予想】の画像1
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 14日に東京競馬場で行われるヴィクトリアマイル(G1)を予想したい。

 前回はNHKマイルC(G1)を予想させていただいたが、逃げ馬のジャングロがまさかの出遅れで完全に想定外の流れ。強いて挙げれば18番人気で3着したカワキタレブリーに印を回せたことが収穫だった。

 週中では雨予報だった今年のヴィクトリアマイルだが、土曜日はなんとか天気が持った中での競馬。当日もまとまった雨が降ることはなさそうだ。これなら馬場の悪化は最小限に抑えられるだろう。夜間にいくらか降りそうだが、水捌けの良い東京コースならほぼ問題ないはずだ。

 土曜日のメインだった京王杯スプリングC(G2)の勝ち時計は1:20.2と、ほぼ例年通りの水準で決着。上がり3ハロン最速が33.2秒で、勝ったメイケイエールが5番手から33.6秒。ヴィクトリアマイルも例年通りの高速決着になる可能性が高く、強いて挙げれば今年は差しが届く馬場になっている。


 以上を踏まえ「◎」は13番レイパパレだ。

「差しが届く馬場」と想定しながら逃げ馬候補の本馬を本命に挙げたのは、それだけ能力が抜けているということだ。昨年の大阪杯(G1)の勝ち馬で、マイル戦は2020年6月以来の約2年ぶりとなるが、共同会見で主戦の川田将雅騎手が「切望していた」と話している通り、マイル戦なら一段上のパフォーマンスが期待できる。

 レシステンシア、ソダシと強力な逃げ馬がそろったが、ハナに拘らない馬だけに問題ないだろう。むしろ高速決着は望むところだ。

 この馬の全兄はホープフルS(当時G2)を勝ったシャイニングレイ。次走の弥生賞(G2)で1番人気に支持されるほどのクラシック候補だったが、激しい気性面が災いして低迷……次に重賞勝利を飾ったのは2年後。しかも、1200mのCBC賞(G3)だった。

 川田騎手が「我慢を強いられる競馬がずっと続いていた」と語っている通り、レイパパレもまた兄同様の激しい気性の持ち主。これまではなんとか中距離路線を歩んできたが、距離短縮は大きなプラスに違いない。

 そもそも、この馬が三冠馬デアリングタクトを差し置いて「幻の秋華賞馬」と称されたのは、秋華賞(G1)と同日に行われた大原S(3勝クラス)の勝ち時計が、秋華賞の1800m通過よりも速かったから。しかし、次走のチャレンジC(G3)の走りが案外だったのは、誰もが知るところだろう。2000mよりも1800mの馬であり、2000mよりも1600mの方が向いている何よりの証だ。

 前日段階で1番人気ながら、単勝4倍以上つくならお買い得。ここは問答無用の1着固定で勝負する。

JRAレイパパレ川田将雅「切望」問答無用の1着固定! デアリングタクト、ソダシ、レシステンシア「まとめて消し」で万馬券狙い【ヴィクトリアマイル(G1)予想】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  4. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!
  5. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  6. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  7. JRAオークス。武豊ウォーターナビレラに400mの壁?桜花賞馬スターズオンアース、川田アートハウス、横山武史ナミュールを上回る意外な本命穴馬!
  8. JRA「1番人気連敗」ワースト記録は必然!? アーモンドアイ、コントレイル、グランアレグリア、クロノジェネシスらが築いた「最強時代」の反動とは
  9. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  10. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償